こんばんは

ザ・電撃パンクゾンビーズ
〜シビれるロケンローマーケティング野郎〜
不死身の「売れる仕組み」ナビゲーター
呉屋です。

「価値がある」か

「価値がない」かは

何かを「基準」にしないといけない。

「線を引かないと
右も左も存在しない。」的な。

わたしの「商品」だってそう。

「誰か」にとっては「価値がある」。

「別の誰か」にとっては「価値がない」。

だから

「誰」を設定しないと

「価値」の出ようがない。

「基準」を設定しないと

「価値」が打ち出せない。

ロックンロールにヤラレた
男子学生たちをシビれさせる。

そんな「価値」を高めたい。

↓↓↓↓↓↓↓

マーケティング・経営ランキングへ

  

スポンサーリンク