おはようございます

ザ・電撃パンクソンビーズ
〜シビれるロケンローマーケティング野郎〜
不死身の「売れる仕組み」ナビゲーター

呉屋です。

熱発しつつ

こんな本読んでました。

  
「もしパン」。

完全にパクリですね。

本家読んでないけど。「もしドラ」。

まぁいいや。

仏教学んでましたよ。

いやー。読みやすかった。

現代風に喋るからみんな。

わかりやすかったな。

「仏教」についてだねつらつら書かれてたら

寝てただろうけど「若者口調」で話すから。

「日蓮マジヤベェ」みたいな。

読みやすかった。

乱暴な訳ではあるんだろうけどさ。

概要はわかった。

「瞑想」の役割は

「悟り」を開くためで

「悟り」って

「パンと皿の境目や

自分と他者の境目とか

いろいろな線引きを無くして

世界は一つであることを実感する」

という。

「全体ドカーン」を感じるためなんだって。

「どうでもいい」(いい意味で)という境地に辿り着くのが目的だったらしい。

「全体ドカーン」「どうでもいい」「どうでもいいことすらどうでもいい」。

みたいな。

なんというか

「仏教」って「ロックンロール」みたいだな。

と思いました。

クロマニヨンズで言うところの

「突然バーン」。

「それ」を掴むと「それ以外はどうでもいい」的な。

「それ」って「全体ドカーン」で。

結局、「全部」。

わかんないよね。

いいです。

熱のせいにしよう。

「ロックンロール」と「仏教」は

私の中で同じジャンルになりました。

以上です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク