こんにちは

ザ・電撃パンクゾンビーズ

呉屋です。

   

こないだの「ボクらの時代」。

マーシーが喋ってましたよ。

ナイツの塙と

落語家さんと。

いやー

たまらんかったー。

なんすかねー。

なんかねー。

たまらんすよねー。

大好きな人がしゃべるのを聞くのって

興奮しますよねー。

「うわーーー」ってなる。

紳助さんとさんまさんの絡みとかもう。

「うわーーー」って。

なんだろうなー。

呼吸?

どこだろう。

ポイント。

「好きなもの」について話してる時とか。

うーん。

ウッチャンナンチャンの「いろもん」のダウンタウンの回とか

ビデオで何回も何回も何回も観たなー。

「何でおもしろさを感じるのか」

か。

さんまさん「トークは戦場や!」って。

はい。

命かけると面白くなるのかな。

この「毎日」には認識するしないに関わらず

「命がかかってる」。

そこを見せることが出来れば。

どうやって?

「花は観手に咲く」

受け手に委ねられる。

自分だって受け手の時はある。

どういうものを「面白いとおもう」か。

マークハントが初登場でレイセフォーとノーガードで殴り合った時

スリムクラブのMー1初登場の時

笑い飯がハッピーバースデーを歌う時

さんまさんが27時間のテレビ司会のとき開始4時間くらいで声ガラガラで最後の最後の最後で醤油持って「しょうゆーこと」で締めた時

クロマニヨンズが「永遠です」って歌う時

そこにあるものって

なんだろーーーーなーーーー。

「捨て身」「自信」「真逆」「見えない角度」「突き詰める」「突き抜ける」「説明できない」「積み重ね」「生き様」「ペース配分度外視かつやり切る」「絶対的な存在」「永遠」「ウソ」「ほんと」「どっちでもいい」。。。

そういう時

「わーーー」って。

「説明できないもの」に人は興味を惹かれるんだろうな。

「説明できないもの」を「説明する」なんて。

うーーーーむ。

とりあえず

何に「わーーー」ってなるか

自分で確認しよ。

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク