こんにちは

ザ・電撃パンクゾンビーズ

呉屋です。

 

 

さて、あなたには

「人生が変わった日」

ありますか?

例えば

「アレに出会ってから人生が変わった」

「あの人の言葉で人生が変わった」

「あの出来事で人生が変わった」

IMG_3419-0

そういうの。

私はあります。

いくつか。

高校の文化祭の日や

大学のサークル見学の日

ヴィレッジヴァンガードへの採用問い合わせの電話した日や

商工会へ採用問い合わせして訪問した日。

末次先生のセミナーを初めて受けた日、商工会を辞めようと思った日。

いろいろあります。

でもね

よく考えたら

「人生が変わった」って実感できるのって

「その日」から「今」までの日があるからじゃないですか?

「その日」にあった人物や出来事は、あくまでも「入り口」で。

「その日」を境に「自分の考え方や行動が変わった」から

「人生が変わった」と言えるんじゃないでしょうか?

「自分で決めて行動した」から

「あの日に人生が変わった」と言えるんじゃないですか?

 

同じものに出会っても人生が変わらない人もいると思います。

その差はシンプルで「その日から、自分で決めて行動したかどうか」

かな。

 

だから

 

「あの日から人生が変わった」って人は

もっと「自分でやってきたんだ」って自信を持ってもいいんじゃない?

 

例えば

ブルーハーツに出会って人生変わったって人は多い。

私もきっとそうでしょう。

でも

ブルーハーツがキッカケになったにしろ

「その後、自分で人生を変えてきた」から

「人生が変わった日」がある。

 

 

てことは

「人生が変わった日」って、その日に気づくってより

「振り返ってみたら、あの日だったな」って感じ方だと思うんですよ。

ね。

てことは「今日」が「その日」かもしれない。

というより

「今日からの決断や行動の積み重ね」で「今日」を「その日」に出来る。

ブルーハーツはすごいけど、「魔法使い」じゃない。

聴けば「勝手に人生を変えてくれるもの」ではない。

それを「キッカケ」にして、「自分で決めて行動し続けた」から

「人生が変わった」んだ。

 

もし今なんとなく楽しくなくて

「未来」になれば「何か変わってるだろ」と思ってたらさ。

「未来」になれば「何か変わってる」かもしれないけどさ。

「今日」を「人生を変えた日」にすることだってできるんだよ。

「今日から、やり続ける」だけ。

それを「自分の意思で選択した」という意識で。

 

「変わった」と実感するまで。

「自分で決めた」という意識で。

 

「行動し続けること」。

失敗のようなものもたくさんします。

私もね

集客ゼロの自主イベントとか

「トークライブ」が「公開処刑」になったり。

集客うまくいかないかもしれない。自腹切るかも。

 

でもね

それでも行動しないと変わらないんです。

変わらないほうが良かったこともそりゃああるかもしれない。

でもそれは「わからない」。

いつだって「選べないほう」はあるし

「過去」に戻って「選び直す」のはできないんだから。

 

繋がりもできた。

迷惑かけることもたくさんあるでしょう。

「なんかやらかしてみたい。」

そういう「アホな理由」だけどさ。

「そんな理由」で迷惑かかっちゃう人はたまったもんじゃないかもだけどさ。

 

32才。まだガキのまま。だね。

妻子もいるけどよ。

「ちゃんとする」ってなんだろ。

「子どもたちに大人って楽しいんだ」って思ってもらうことの方が重要だ。

 

4.10。「公開処刑」。

「こんな場所にしよう」

「こんな告知しよう」

「こんなテーマにしよう」

「こんなイベント名にしよう」

「こんなことしよう」

いろいろ考える。

とても楽しい。

こわいけど。

手も足も出ないのが一番こわいけど。

こわい。

けど

「なにもしなかった」より

たぶん「楽しい」。

「人生」は今日も変わり続ける。

 

 

 

 

はい。

かなり「自分へのエール」です。

俯瞰して励ましてみました。自分を。

いいこと言うな、おれ。

セルフ励まし。

「自分のためのブログ」だけど

「誰か」に「届いた」ら嬉しいな。


マーケティング・経営 ブログランキングへ

スポンサーリンク