こんにちは

ザ・電撃パンクゾンビーズ

呉屋です。

さて

  
勇者けーぞうの受け持つ大学生からの質問。

  
「学生時代、どんなことをしていましたか?卒業後はなにしてましたか?資格は積極的にとってきた?」

就職が控えた学生っぽいですねー。

答えていきましょう。

どんなことをしていましたか?か。

えー

サークルで酒飲んだりバンドしたり

ゼミをクビになったりして

授業行かなかったり

ダメ大学生でした。

一応、就活はしましたよ?

銀行受けたり。

「給料が安定している」

っていうのと

「休みがある」ってので。

仕事内容には1ミリも興味なかった。

仕事つけば、なんか、なるでしょ。

とか超テキトーでしたよ。
 
別に金融の仕事に、興味はないから

もちろんバッチリ落ちましたよね。
 
そんな学生でした。

でも
 
 
 
 

遊べる本屋ヴィレッジヴァンガードの仕事内容には興味があり。

たまたまバイト募集してて。

嫁様にケツ叩かれて入って。

そのままそこで働いてました。

毎日POPたくさん書いて

入荷してきた商品を編集して並べて。

クリスマスにはもう超忙しくて。

でも達成感もありまして。

卒業後はそんな感じ。

「資格は積極的にとってましたか?」

えーと、資格的なものは

英検5級しかないです。

取る意味があまりわからなかったので

とってません。

憧れた時はありましたよ?

「行政書士」とか。

なんか仕事内容はサッパリわからないけど、持ってれば、どこかには就職が出来るのかなー?

とかって。
 
 
 
でも「行政書士」の仕事内容は興味がなかった。

「仕事」って楽しいものなんてイメージがなかった。

「楽しい仕事なんて儲からない」と勝手に思ってたから。
 
 

 
 
 
ですね。

社会人になって組織も経験して思うんですけど

資格は取っても取らなくてもいい。

そこじゃない。

「資格を持ってるかどうか」は重要じゃなくて

価値を提供できるかどうか。

大事なのは。

資格持っててもポンコツはいるしね。

でも

この質問する学生の気持ちすっげーわかる。

「安心」が欲しいよね。

「これさえ持ってれば」っていう「正解」がさ。

それがあれば「安心」だもんね。

今までテストでもなんでも

「正解」があったもんね。

「正解」が無かったら「間違い」で

「ダメなこと」だと思ってたんだもんね。

でもですね

そんなことはないんだよ。

「正解」なんて

初めから無かったんだよ。

だからですね。

好き勝手やったらいいよ。

「失敗したらどうする」?

失敗ってなに?

お金が無くなること?

その「お金が無くなる経験」を「価値」に替えて稼げばいい。

「貧乏」は金になるよ。

ボンボンが言うのもナンだけど。

というわけで。

資格よりも大事なのは

「価値を提供できるかどうか」。

「提供できる価値なんてない」?

そんなことない。

今日まで生きてきたでしょ?

それはあなたが自覚してないだけで

「価値になり得る」。

絶対に。

だから

資格は取りたかったらとればいい。

いらないなら取らなくていいよ。

医者とかは別としてね。

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク