例えば

私が

「ハンマー」だったとします。

釘を打つ道具。

 

 

「ハンマー」の「能力」は

「釘を打つこと」。

 

 

 

てことは

「能力」を「発揮」するには

 

 

打つものが「釘であるかどうか」と

「釘は打てる場所かどうか」は

非常に大事。

 

時代の流れ的に

「これからの時代は板に刺さっていた方がベスト」

みたいな時流になったとします。

 

 

例えばね。例えば。

 

 

そして問い合わせが来ます。

 

「私も板に刺さりたいんです」と。

 

 

 

 

でもその方

 

 

どうみても

 

 

 

「バナナ」なんです。

 

 

 

 

 

 

「常温」の。

 

 

「常温のバナナ」なんです。

 

 

 

 

無理です。

 

どんなに全力でハンマーを振り下ろしたとしても。

 

どんなに「能力」を全開にしても。

刺さりません。

 

 

 

だから私は

「誰でも板に刺されます!」なんて

言えないわけです。

 

 

刺さらなかったら

「あなたには硬さがたりない」って言えばいいんですかね?

 

「あのバナナは刺さってる」って

カチカチに凍らせて尖らせた

「普通ではあり得ない形・状態」のバナナを見せればいいですかね?

 

 

それ

「バナナ」の「能力」ですかね?

常温で美味しい「バナナ」の「能力」ですかね?

 

わたし

そんなこと言えません。

「バナナ」は「バナナ」の価値があって

「ハンマー」に「バナナの価値」は引き出せません。

 

私は売上を上げる仕組みを伝えてます。

結果も出せてます。

でもそれは

「釘を選んだから」です。

 

事前に

コミュニケーションして。

 

 

あなたは

「釘かどうか」選んでます?

 

そして「あの人」は

「誰でも板に刺される」って言ってませんか?

言ってないとしても

「ここに来たら誰でも叩いてあげる」って状態じゃないですか?

 

刺さらなかったら「硬さが足りない」

「なんか違うな」と思って叩かれなかったら「振りかぶったから料金ちょうだい」

刺さったとしても「私、バナナなんだけどな」と疑問に思いません?

 

 

そんな話と関係あったりなかったりする「視点」の話。セミナーとかで3倍得する方法。今夜9時配信。

 

 

 

 

 


マーケティング・経営 ブログランキングへ

スポンサーリンク