「天才」ってなんだろ。
 
 
「何でも出来る」ってこと?

「ある分野において、人より少ない時間で成績を残せる」ってこと?

「人より努力を努力と思わなく出来る」てこと?
 
 
 
 
 
 
うーん

「天才」と呼ばれた人たち

アインシュタイン

長嶋茂雄

田中角栄

他にもたくさん。
 
 
 
 
 
 
もしかしたら

頭の良さとか言うより

「人の役に立つかどうか」かも知れない。

考えた理論はたくさんの人の役に立っただろうし

スポーツで与えた感動はたくさんの何かの原動力になっただろうし

日本が高度経済成長をした大きな要因のひとつだっただろうし。
 
 
 
 
 
 
 
 
だとしたらまだ

私は「凡人」だな。
 
 
  
 
 
 
 
まだまだまだまだ「役に立てる」。

もっともっとたくさん「役に立てる」。
 
 
 
 
 
 
その

「役に立てる」場面を

もっと作らねば。

  
どうやったら「役に立てる」?

どうやったらもっと「役に立てる」?
 
 
 
 
 
 
 
 
私は

「まだ世に知られてない良いもの」を、「世に知らせる」事が出来る。

結果として

「売上を上げる」だったり

「何かをやる時に影響出来る範囲」を広げたり。

そんな事が出来る。
 
 
 
 
 
 

どれくらいの人の役に立てば

「天才」と呼んでいいだろうか。

「役に立ったわかりやすい基準」は「お金」だから

やっぱり

年収が2億を超えたらある程度は「天才」と呼んでもいいかなー。

まだ「凡人」だ。
 

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク