キングコングの西野さんの

「えんとつ町のプペル」の話。

まずは、読んでみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
読みました?
 
 
 
読みました?
 
 
 
 
読んでね?
 
 
 
 
沖縄と少し似てます。
 
 
 
 
 
沖縄って少し変だなって
思います。
 
 
 
「人口が減って 
限界集落で 
誰も来ず 
産業や資源が何もなく 
 
 
 
所得が低い。」
 
 
 
 
ってんなら
 
まだわかります。
 
 
 
 
 
そうではなく
 
 
人口は全国トップレベルで増加してて
 
世帯は増えてて
 
年間約793万人観光客来てて
 
 
世界遺産もあり
 
観光資源もありまくる。
 
 
 
 
 
 
なのに所得が低い。
 
 
 
 
 
 
おかしい。
 
絶対おかしい。
 
 
なんか変だぞ。
 
 
 
 
 
環境は「どうにもならない」わけじゃない。
 
 
 
これはもう 
 
 
 
認めるしかない。
 
 
 
 
 
 
 
おれのせいだ。
 
 
 
「自分の問題」だったんだな。
 
 
 
「沖縄は所得が低い」とだけ言われてて
 
 
新聞やテレビは「基地があるからだ」って
叫び続け 
 
 
なんとなく
 
「しょうがないかな」とか
 
 
「どうせ」とか 
 
 
 
くだらない「煙」に覆われてて
 
 
 
「ホシ」があるなんて
「思いもしなかった」。
 
 
 
「くだらない方の常識」である「煙」につつまれて 
「ホシ」なんて知りもしなかった。
 
 
 
それでも
 
「くだらない方の常識」の外に
 
「煙の外」に飛び出した人たちはいて。
 
 
 
「ホシ」の存在を、知らせてくれてた。
 
 
 
 
 
自分の世代だと 
DA PUMPや 
SPEED。 
 
 
今の世代だと「りゅうちぇる」とかかな。
 
 
 
他にも
 
ガレッジセールや
 
 
具志堅用高さん。
 
 
BEGIN。
 
 
 
沖縄水産高校の
甲子園2年連続準優勝とか
 
 
 
興南高校の春夏連覇とか
 
 
 
その他にもたくさんたくさん。
 
 
 
 
 
 
 
 
「ホシを見せてくれてた」。
 
 
 
 
「煙の外の世界」を。
 
 
 
 
 
なのに
 
 
 
なのに 
なのに 
なのに 
 
 
 
 
「あの人たちは特別」とか
 
 
「自分には何も才能がない」とか
 
 
 
「くだらない煙」を 
自分でさらに焚いて 
 
 
 
 
「ホシ」を見ないフリしてた。
 
 
 
 
見せてくれてた「ホシ」を。
 
 
 
 
その結果が 
「恵まれた環境」にいての 
低所得。
 
 
 
子どもたちがしわ寄せを食う。
 
 
 
「ホシ」はあるのに。
 
 
 
 
先輩たちや年下の子たちが
 
「煙の向こう側」を見せてくれてたのに
 
 
 
 
 
 
「自分には何もできない」とか
 
「特別なことできない」とか
 
自分で「煙」をモクモクさせてる。
 
 
 
見ないフリしてた。
 
 
 
 
 
自分が。
 
 
 
 
 
 
死ねないです。
 
こんなんじゃあ死ねない。
 
 
子どもたちにカッコイイ背中見せてない。
 
 
 
「死ぬのを忘れたゾンビ」は
 
ちゃんと死ねるように
 
まだ生きます。
 
 
 
 
 
とりあえず
えんとつ町のプペル買おう。
 
 
 
 
「具体的に何すれば煙の外に出られる?」
 
 
 
 
私はブログを三年くらい書き続けてます。
 
そして先月からブログに広告貼り始めました。
 
 
 
一日平均100円くらい収益があります。
 
1ヶ月で3000円くらい。
 
 
もっともっと収益出来ます。
 
するつもりです。
 
 
 
 
 
「沖縄」は資源がそこら中にある。
 
 
空の写真や海の写真。
 
 
 
くがにくとぅば(黄金言葉)っていうのもある。
 
 
 
 
 
インディアンたちの言葉
「メメントモリ」と同じように
需要はあると思う。
 
 
 
 
 
職業が「ブロガー」になると思います。
 
 
 
 
 
 
「なんだか怪しい」 
 
「ずっとやっていけるの?」
 
 
「なんかよくわからない」 
 
と思うでしょ?
 
 
 
 
それが「煙」です。
 
 
 
 
つべこべ言わず
 
やってみましょうよ。
 
 
 
 
3000円あれば本買えます。
 
 
 
 
オススメは色々あります。
 
 
 
 
漫画家になりたいなら
 
藤田和日郎「読者ハ読ムナ(笑)」だし
 
 
漫才師なら
 
島田紳助「自己プロデュース力」です。
 
 
 
沖縄で観光客相手にしたいなら
 
渡口昇「沖縄観光ビジネス」です。
 
 
 
 
 
 
「ホシ」はある。
 
 
「煙の向こう側」はある。
 
 
 
 
私はそこに行くと、決めました。


  
 
 
「煙」は待っていても晴れませんよ。
 
 
 
待っているだけだと 
厚くなるばかりです。
 
 
 
〈スポンサーリンク〉







スポンサーリンク