思うんだけども。
 
 
 
「中学卒業したら
三年間は学校に通ってはいけない」
 
みたいな法律あった方がよくない?
 
 
 
 
  「自分自身と向き合う時間」
「やりたい事だけやる期間」って
必要じゃない?
 
 
 
 
アホみたいに次から次にテスト。
 
 
 
はい、受験。
 
 
 
 
 
そして入った大学を卒業して
就職先探す時には
「給料と休み安定してて、仕事キツくないとこ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楽しい????
 
 
人生充実する?????
 
 
 
勉強って何のためにするの?
 
 
 
 
 
何かの役に立つためでしょ?
 
 
 
 
 
 
それが今じゃ「大学に行くための暗号」になってる。
 
 
 
 
そんな「勉強」ならしなくてよくない?
 
 
 
 
 
その時間使って
「自分自身と向き合う」のが先だと思うんだけども。
 
 
 
「こういうのがやってみたい」とか
 
 
「こういうのに興味がある」から
入ってって
 
知識深めたり
 
 
技術上げたりして
 
 
 
その先に「誰かの役に立つ」につながるんじゃないの?
就職先探す時とか。
 
 
 
 
 
そうやればさ。
 
「給料と休み安定してて仕事キツくないとこ」とかって意識で働き出す人が多い今より生産性あがるんじゃない?
 
全体的に。
 
 
 
 
 
「自分自身と向き合う」って超大事だよ。
 
 
勉強の前にそれが大事だと思うな。
 
 
 
だから 
 
「中学卒業したら三年間は学校行くの禁止」にしたらいい。
 
 
 
生活保護みたいに「一定の給付」をつけてさ。
 
 
 
「本当にやりたいこと」をやるの。
 
 
 
 
 
 
よく考えたら
「高校は10代で入らなければならない」なんて
法律無いし。
 
 
 
大人になって「もっと勉強すればよかった!」って思った時に入ったらいいんだよ。
 
 
 
10代で「こんなの何の役に立つの?」って思いながら授業に集中しないで浪費するのも防げるし。
 
 
 
超もったいない。せっかくの10代の浪費。
 
 
 
大人になってからの「勉強すればよかったっ」と
10代での「こんなの何の役に立つの?」の交換。
 
 
 
 
「最適化」じゃんね。
 
 
 
10代で「こんなの何の役に立つの?」って授業集中せずってさ。 
 
「先生の時間」も奪ってるじゃんね。
 
 
 
それよりは、 
不思議な「年齢縛り」みたいの無くしてさ。
 
 
 
ちゃんと「受けたい人が受ける学校」の方が絶対いいと思うんだよな。
 
 
 
今は、「自分自身と向き合う時間」が
超取りにくい。
 
 
 
 
いちいち勇気を出さないといけない。
 
 
 
「学校も行かないで」って
圧力がかかる。
 
 
 
 
圧力かけられてまでしたくないから
(ほんとはした方がいいと思うけど)
 
「勉強してればいい」という「ラクな努力」に
逃げる。
 
 
 
 
そして就職しなきゃならない時に
そのまま「ラクな方へ」って選んじゃう。
 
 
 
「給料・休み・キツクないとこ」って。
 
 
 
 
 
「自分自身と向き合う時間」を持つのが先なのに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鳴ってるかい?
 
 
君のロックンロールは 
鳴ってるかい?
 
 
 
 〈スポンサーリンク〉







スポンサーリンク