こないだテレビで「高校生ワーキングプア」の特集やってて。

「専門学校に進学したいけど
今月であと6万円用意しなきゃいけない」

ってなってて。

 

その子は結局
アルバイトで働きづめでなんとか支払えるように努力してました。

 

スクリーンショット 2017-04-24 10.27.09

雨の日も風の日も
休むことはせず。

 

 

 

 

 

さて。

 

ここで疑問が一つ。

 

「この子が
金を稼ぐ選択肢を持っていれば、
アルバイトで働きづめなんてことしなくても良かったのでは」ってこと。

 

 

高校生が「金を稼ぐ手段」は「アルバイト」だけじゃない。

 

なんというか。

例えば
「学費を自分で捻出しなきゃいけない学生」がいたとして。

そのお金はアルバイトで捻出しなきゃいけないわけじゃない。

別にアフィリエイトで稼いだっていいわけですよ。

体壊してもサイト構築してれば
収入が大きく変わることはないし。

もちろん稼げるサイトを作るのには
手間はかかります。

でも大きくお金が
かかるわけじゃない。

 

月5千円で超教えてくれる
超良心的サイトもありますし。

 

アルバイトだと時給ですから
身体壊したら収入が減ります。

なのに、「過労」になりがちなシフトになる。

「消耗戦」にならざるを得ない。

 

そういう経験は「財産」になるとは思うけど

別にやらなくていいなら、やらないでもいいと思う。

 

その子のやりたいことは「キャビンアテンダント」で
空いてる時間に中国語の勉強してた。

 

アルバイトせずに中国語の勉強できるなら
それがいいと思う。

 

 

私があの高校生に出会ったなら教えること

 

私があの高校生に出会ったなら、「note」を勧めます。
ブログを売れるサイト。

なにも難しい知識はいらない。

LINEできるならできる。

元手のお金もいらないし、匿名でもオッケー。

 

 

そこで「高校生ワーキングプアのホントのところ」っていう
ブログを書くことをすすめる。

 

構成はこんな感じ。

①高校生ワーキングプアの日常を書く。
1日のスケジュールとか、家族構成など。
どんな気持ちか、なにを考えて生活してるか書く。

②なぜこんな状況になったかを書く。
ワーキングプアになった原因。テレビでやってたのは父親の急逝だった。

③周りとの人間関係を書く。
バイト先の人間関係。家族との関係。学校の人間関係。恋人との関係など。

④これからの目標と立ちはだかる困難を書く。困難はできればお金の面。
専門学校に行きたいけど、お金が無理して捻出しないと足りない。など。

 

 

こういうブログ。
実際の状況を書いてもらいます。
嘘なしで。

書きにくいことあるなら匿名でもいい。

 

そして②の入り口で課金ラインひきます。
(ここから先を読むのはお金かかりますよって境界線)
「私がこんな生活になったきっかけは」の下からひきます。

 

 

記事の値段を100円にするなら600人に売れれば6万円です。
200円なら300人。
300円なら200人。

1週間もあれば書けると思います。

 

もし売れなくても
金額的損失はない。
時間はあるけど。

 

 

「お金がない」ならやってみる価値は
あると思います。

「お金を稼がないといけない」なら
知っておいてもいい手段だと思います。

 

「この作者をサポートする」的な機能があって
読んだ人がもっと課金してくれるかもしれません。

 

匿名でもできるし。

 

 

「稼ぐ手段」を知らないで
「しなくていい苦労」をしてしまうのは
無くしていったほうがいい状況だと思います。

 

 

でも子どもたちが
「汗水流して手に入れてこそ立派なお金だ」的な価値観しか知らなかったら
それこそ「アルバイトで稼ぐしかない」とか「奨学金しかない」とかになってしまう。

真面目ないい子ほど。

 

でも本当に必要なのは
「やりたいこと」があるなら
それに向けての努力だけでいいと思う。

 

「必要な金を手に入れるための労働」は
必要最低限でいい。

 

 

もちろん

「アルバイト漬けの日々」をクリアーして
キャビンアテンダントになったなら

「独自のポジション」を得られるとは思う。

独自の価値を提供できるキャビンアテンダント。

 

 

でも

アルバイトで働きづめの日々では
体が消耗してしまう。

 

それはできるだけ無くなって欲しい状況。

 

 

「苦労して手に入れた夢」は
好まれる話だけどね。

 

 

 

 

でもそれは「感動ポルノ」だ。

 

 

周りの「こうあって欲しい」を満たすために
自分を変える必要はない。

 

自分の体を大切にしたほうがいいし。

 

 

 

上記したnoteの構成は
「テレビの構成」をパクったものだから
「プロの構成」だよ。

大きく失敗はしない。

最大公約数にウケのいい構成になってる。

 

そこそこ売れると思うよ。
手数料はひかれるけどね。

 

 

 

ちなみに自分は
「私が自撮りを辞めた理由」ってブログを売ったら
結構売れた。サポートもしてもらった。

スクリーンショット 2017-04-24 10.11.42

 

ありがとうございます!!!!

 

 

ね?売れるよ。ちゃんと。

 

 

周りにお金に苦労してる
学生いたら教えてあげて。

noteってサイト。

5千円払えるなら1ヶ月、超教えてくれるサイトもあるから。
怪しくないよ。超いいサイト。

知りたかったらメッセージちょうだい。

 

 

 

あ、ちなみに自分が書いたnoteはこれね。

イケメン、自撮りやめたってよ。
その理由を有料記事にして書いてみました。
100円です。
私が自撮りを辞めた理由。

途中までなら無料で読める。

怪しいサイトではないよ。見てみてね。

 

 

 

 

ロックンロールが鳴ってるよ。

 

 

今日のオススメ本
お金の概念の話や
稼ぎ方の話や
お金の正体の話。
とても参考になる話が
たくさん載ってる。

教育関係の方や
親の皆さん。

これは読んでおいて欲しい。

子どもたちの選択肢を増やそう。

 

 

 

無料メルマガ

君のロックンロールを鳴らそう
「君のロックンロール」が8日間でわかるよ。
君の「幸せの定義」にも近づくよ。

〈スポンサーリンク〉



最近一番読まれてる記事 

沖縄の貧困、それは「ゆいまーるの精神」。「人間関係」からくる。「関係性」を大事にしてはいけない。

「皆勤賞」は絶対廃止した方がいい。「意味ない」どころか「害」ですらあるから。

自分に合う仕事を見つける方法を、「ハンター✖️ハンター」から考えてみる。

進路や就職先を決める時には、「給料安定してて、休みもあって定時に帰れたら、仕事じゃない時間に何をするか」を考えよう。

「学校で、イケてない」から、「イケてる」になる方法。

健常者も障害者も老若男女も、「自分の商品価値」を知っておいたほうがいい。生きる意味がわかるから。

「好きを仕事にする」時に、食べていけるようになるには。

「自分の価値を高める場所」に行ける入り口として、ブログはオススメ。せっかくだからアフィリエイトもやってみたら?

子どもが「漫画家になりたい」と言ったらどうします?「やめとけ」って言います?その前にこの本読ませてあげた方がいい。

儲からない地方イベントが、無くならない理由。イベント地獄での疲弊はこうやって続いていく。

「商工会」と「商工会会議所」と「民主商工会」の違いなんかわからないよね。全く別物。特に「民主商工会」は。

「とりあえず大学」や「とりあえず公務員」で進路や就職希望を決めると苦しくなる理由

進路の方向性を決める時に、教師の言うことを聞かなくていい理由。

ザ・電撃パンクゾンビーズの本棚

夫のちんぽが入らない

常識はずれのパンクロックマネジメント!人を雇う人は必読の本。「未来工業関連の本」

学校に行く理由・勉強をする理由は、「自分の色を知る為」でいい。人事評価の基準もそう。学校や仕事が嫌で自殺しちゃう前に読んで欲しい本。「14歳」

ライブの盛り上げ方。大事なのは、曲に行く前の「前振り」。「セミナーの盛り上げ方」でも同じ。「サンボマスターライブDVD」

誰でもカッコよくなる方法。それは「自分で決める」だけ。「リアル13巻」

売れるには目立て!目を引くカッコをするメリット。「ミッシェルガンエレファントライブDVD」

松田龍平と松本大洋とミッシェルガンエレファントの邦画。超かっこいい映画。「青い春」

子どもが「漫画家になりたい」と言ったらどうします?「やめとけ」って言います?その前にこの本読ませてあげた方がいい。「藤田和日郎 読者ハ読ムナ(笑)」

 

スポンサーリンク