こんばんは

ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋です。

 

「今の発言をなかったことに出来る券」ってのがあるとして。

 

 

聞きにくいこととか

言いにくいこととか

言ってみて

「あ、これはやっぱり聞いちゃいけなかった!」とか
「あ、これはやっぱり言っちゃいけなかった!」とか

思ったら

 

「今の発言なしで!」って無かったことに出来る券。

 

 

そういうのがあったとして。

 

 

誰に何を言います?

 

どこに何を聞いてみます?

 

 

そこで浮かんだ
「言ってみたいこと」や
「聞いてみたいこと」って

 

誰かの興味を強く惹くと思うんですよ。

 

そこに浮かんだことは
きっと他の誰かも

同じように思ってることだから。

 

AさんもBさんも同じように。

 

 

 

そして

それを口にするかしないかで

「違ってくる」と思うんだよな。

AさんやBさんと。

 

 

「怖がらずに
勇気を出して言ってみよう」

ってのもそうだけど

 

「ふとしたこと」でもそうよね。

 

「みんな思ってること」はみんな思ってる。

でも

それを「言うかどうか」で全然違う。

 

 

 

WHY Japanese ピーポー!?

でおなじみの

「厚切りジェイソン」。

 

彼のネタは

 

 

1は「一」って書く

2は「二」って書く

3は「三」って書く

 

 

パターンパターン、読めてきたよー。

 

 

 

4は「四」・・・

 

 

WHY Japanese ピーポー!?

 

っみたいなネタ。

 

 

 

これ日本にいる外国人は
「それみんな思ってた!!!!!」だそうです。

 

誰かが先にやってればウケてかもしれない。

 

でも

「誰もやらなかった」。

 

厚切りジェイソンがやった。

 

ウケた。

 

みんな思ってた。

でもみんなはウケなかった。

 

厚切りジェイソンだけウケた。

 

みんな思ってたのに。

 

みんなは思ってるだけ。

やらなかった。

 

 

みんなが思ってること。

アイデア自体は切り口がすごいとかではない。

 

「あるある」なんだ。

 

でも誰もやってなかった。

 

誰も言わないけど

「みんな思ってること」はきっとたくさんあって

 

でもその「ひっかかり」は

毎日の生活から溢れ出る

大量の「まぁいっか」が流していく。

 

 

 

でも

そこをちょっとすくい上げて

みんなが見えるところに乗せてみる。

発言してみる。

発信してみる。

 

 

 

それが「違い」を生む

「私もそう思ってた」や

「よくぞ言ってくれた」とか

 

もしくは

見えるところに置くと

「それは違うんじゃない?」って言われるかもしれない。

 

 

 

 

でも

言ってみたら?

やってみたら?

 

失敗して

「やめときゃよかった」って思うかもね。

 

 

でも

それがなに?

 

言ってみたかったんでしょ?

やってみたかったんでしょ?

 

 

勇気を出してだ。

言ってみよう。

やってみよう。

 

 

勇気が出ない時には

「今の発言なかったことに出来る券」を
持ってると思って。

言ってみよう。

やってみよう。

 

どうにかなるかもしれないし

どうにもならないかもしれないけど

 

言わないまんまの方がマシかもしれないけど

誰かに迷惑かけちゃうかもしれないけど

 

 

「言ってみる」とか

「やってみる」って

大事だと思うんだよ。

 

 

「みんな思ってる」から

違いは

「やる」か「やらない」かだけ。

 

「やらないほうがよかった」になるかもだけどね。

 

それでも

違いは

「やる」か

「やらない」かだけ。

 

 

ありもしない
「今の発言なかったことに出来る券」握りしめて

言ってみたら?

 

叫んでみたら?

 

人間だろ?

スクリーンショット 2017-05-01 10.35.13

 

ロックンロールが鳴ってるよ。

 

 

 

 

 

今日のオススメ本

「当たり前のこと」ってのはとっても大事。
「当たり前のこと」がたくさん載ってる。

マーケティングでやり方習ったって
変わらないよ。

大事なのは「当たり前のこと」だ。

 

 

〈スポンサーリンク〉

 

有料記事

〈スポンサーリンク〉

最近一番読まれてる記事 

沖縄の貧困、それは「ゆいまーるの精神」。「人間関係」からくる。「関係性」を大事にしてはいけない。

なぜ沖縄の公務員は優秀な人から潰れていくのか?〜過労のシステム〜

圧倒的商品力で売れてる宇那志豆腐店で1年間現場で働いてみて、ザ・電撃パンクゾンビーズが考えてること。

「皆勤賞」は絶対廃止した方がいい。「意味ない」どころか「害」ですらあるから。

自分に合う仕事を見つける方法を、「ハンター✖️ハンター」から考えてみる。

進路や就職先を決める時には、「給料安定してて、休みもあって定時に帰れたら、仕事じゃない時間に何をするか」を考えよう。

「学校で、イケてない」から、「イケてる」になる方法。

健常者も障害者も老若男女も、「自分の商品価値」を知っておいたほうがいい。生きる意味がわかるから。

「好きを仕事にする」時に、食べていけるようになるには。

「自分の価値を高める場所」に行ける入り口として、ブログはオススメ。せっかくだからアフィリエイトもやってみたら?

子どもが「漫画家になりたい」と言ったらどうします?「やめとけ」って言います?その前にこの本読ませてあげた方がいい。

儲からない地方イベントが、無くならない理由。イベント地獄での疲弊はこうやって続いていく。

「商工会」と「商工会会議所」と「民主商工会」の違いなんかわからないよね。全く別物。特に「民主商工会」は。

「とりあえず大学」や「とりあえず公務員」で進路や就職希望を決めると苦しくなる理由

進路の方向性を決める時に、教師の言うことを聞かなくていい理由。

ザ・電撃パンクゾンビーズの本棚

夫のちんぽが入らない

常識はずれのパンクロックマネジメント!人を雇う人は必読の本。「未来工業関連の本」

学校に行く理由・勉強をする理由は、「自分の色を知る為」でいい。人事評価の基準もそう。学校や仕事が嫌で自殺しちゃう前に読んで欲しい本。「14歳」

ライブの盛り上げ方。大事なのは、曲に行く前の「前振り」。「セミナーの盛り上げ方」でも同じ。「サンボマスターライブDVD」

誰でもカッコよくなる方法。それは「自分で決める」だけ。「リアル13巻」

売れるには目立て!目を引くカッコをするメリット。「ミッシェルガンエレファントライブDVD」

松田龍平と松本大洋とミッシェルガンエレファントの邦画。超かっこいい映画。「青い春」

子どもが「漫画家になりたい」と言ったらどうします?「やめとけ」って言います?その前にこの本読ませてあげた方がいい。「藤田和日郎 読者ハ読ムナ(笑)」

スポンサーリンク