どうも、ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋です。

 

 

盆・トゥービー・ワイルド。

 

 

言ってみたかっただけです。

 

 

 

さて

 

最近のマイヒットネーミング賞は

「セックスレス・ピストルズ」です。

 

「Su凸ko D凹koi (すっとこどっこい)」ってガールズバンドの曲。

 

笑ってしまった。

昔からある言葉「セックスピストルズ」と

割と最近の「セックスレス」って言葉を掛け合わせた言葉。

 

 

 

この言葉を見た私の脳が余計な働きを見せます。

 

 

「セックスレスピストルズww

てことは

 

 

シド・ビシャスならぬ

汁ビシャスかー(笑)!

 

 

ナンシーも必要だなぁ。

 

・・・ナンシー

今日もナンシー

 

なんちゃってー(笑)!!

 

本家の代表作は『勝手にしやがれ!!』か。

まぁここは「勝手にシやがれ!!」でいいでしょう。

 

どっち側からの言葉かはわからないけど
ヒドイなぁ。一人でしとけよ。みたいな意味かなぁ。

 

あとは本家セックスピストルズは「俺たちに明日はない!!」か。

 

これも「俺たちは明日もない!!」でいっかー(笑)」

 

とかいらん妄想が脳で暴走。

 

ヤンキー漫画のカメレオン読みすぎたか。

下ネタダジャレの殿堂マンガ。

 

 

 

 

午前中墓掃除して汗をかきながら

こういうの次々と浮かんできたので

運動しながら考え事すると多分脳が活性化すると思います。

 

 

 

 

たぶんね。たぶん。

 

 

 

「すっとこどっこい」の他の歌も良かったな。

 

「元カノ地獄」とか好きだった。

 

 

 

さて

このバンドの曲で「ブス」というのがあります。

 

「ブースブースブースブース♪」という

ガールズバンド史上最も哀しい歌い出しの曲。

「私ってブスなのかな」的な。

 

こんな哀しい曲かつてあっただろうか。
(いや、ない。)

 

 

さてそんな哀しい持ち歌を持つ

薄口な顔の彼女たち。

 

 

「ブス」っていうポジションからの歌になってますが

彼女たちに言いたい。

 

 

沖縄では絶対モテる。

 

 

薄い顔。

それがいい。

 

 

急にマーケティングの話になりますが

彼女たちの顔は沖縄では稀少性が高いです。

 

沖縄では「濃い人」が多い。

 

そんななか、「薄い」というのは一つの武器になります。

 

内地ではめっちゃありふれたことかもしれませんが。

「薄い」って。

内地ではむしろ濃い方がモテるかもしれませんが。

 

 

でも沖縄では

薄い顔の彼女たち

カウンター的立ち位置に立てます。

全員にモテるわけではありませんが

一部の熱狂的なファンは絶対できる。

 

 

「ブス」(曲)は好きですが

コンプレックスを曲にまで昇華させた彼女たちも好きですが

 

もしモテたかったら沖縄に来ることをオススメします。

 

「ブスかどうか」って相対的に決まるところあるし

地域によって基準変わるしね。

 

「太った人」の方がモテる国がある。

 

ガッキーより渡辺直美がモテる国がある。

 

 

無理やりマーケティングの話にすると

「売る場所」も大事だよって話。

 

 

基準にあった差別化できてるかなっていう。

 

スクリーンショット 2017-08-13 16.18.21

 

「ブス」は美しい。

 

 

 

 

ロックンロールが鳴ってるよ。

 

 

 

今日のオススメCD

Su凸ko D凹koi(すっとこどっこい)

スポンサーリンク