やぁ、ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋だよ。

こないだ、家族でいったとこ。

 

31732311_1513669135411293_5912904059341242368_n 

風も気温もいい感じだった。

沖縄に住んでると、リゾート地にヒョイっと行けるから、いいね。

 

 

《スポンサーリンク》



 

さて。

 

最近は子どもが字を書けるようになったり

自己主張するようになったりで「成長」を感じるよ。

すごいなぁ。と思うよね。

 

こないだなんか娘ちゃんは

「パパ、また電気消し忘れてる。またママにおこられるよ?」
と、すでに父をフォローできるまでに。

 

 

 

最近、考えるのは

「この子たちが成長していくと
たぶん、親の世代とは相慣れない価値観も出てくるんだろうなぁ」ってこと。

 

「最近の若者は」って意見と
「上の世代は時代遅れだ」って意見って

きっといつの時代もあったんだろ?

 

平安時代に書かれた文章にだってあったって言うし。

 

なんなら石器使ってた時代にもあったと思うんだ。

「石は打って尖らせるものなのに最近の若いもんは
磨いて尖らせてる。なってない。」って言ったり

「磨いたほうが滑らかだし、美しいのに。
年寄りどもは何にもわかっちゃいねぇ」

みたいなさ。

 

で、最近は「多様性」とか「みんな違ってみんないい」とか
「違う価値観を認め合う」って風潮はあるけどさ。
(もしかしたらいつの時代もあったのかもしれないけど)

 

自分はそれって結構難しいことだと感じてて。

 

 

「価値観」ってのは
わかりやすく言えば

「何が好きで何が嫌いか」ってこと。

「違う価値観を認める」ってのは
「嫌いなもの」も認めるってこと。

 

例えば単に「理解できないもの」を
「あなたはそれが好きなのね」でそのままにしておくのは
比較的簡単だろうけど。

 

「車のエンジンが好き」って人がいたとして。
自分はそれにはあんまり興味がないから
「ふーん、そうなんだね。君はそれでいいと思うよ」
って簡単に思えるけど

 

例えばこれが

「許せないもの」だったり
「こっちに危害が来そうなもの」であったりする時にどうするかってこと。

 

例えば今は「不倫」は問答無用でバッシングの対象。

でもこれが若い世代では「普通」になってた時にさ。

 

「いや、好きな人といればいいじゃん。
パートナーは一人じゃなきゃいけないなんて
アタマかたいよ?」

ってなった時にさ。

 

例えば娘ちゃんがその価値観になった時に。

 

認め合えるかね?ってこと。

 

 

自分とは違う価値観として
「人を傷つけるのが楽しい」って価値観にになった時にさ。

そういうのも「多様性」の一つじゃん。一応。

ただ、「公的秩序が保ちにくい」って理由で排除されるけど。

 

これが「バーチャルリアリティ」(仮想空間)とかで
「現実世界には迷惑かけない」になったとしたら。

 

そこで「人に言えないような
忌み嫌われるような性癖」を満たしてたりしたとしたら。

 

「君はそれが好きなんだね。まぁいいんじゃない」って言えないものなら。

 

実際そういう「その価値観嫌い」がたくさんあるのが
「多様性」ってことかなぁとも思うんだよね。

「違う価値観」が共存してるわけだし。

 

集団レベルで見た時に
それはきっと「強さ」なんだろうし。

 

「酒飲んで運転するの気持ちよくて好き」なんて
今の時代だとソッコー抹殺されるけど、そういう価値観とどう接していくのか

ってのが「多様性」ってことに繋がっていくのかなって思うよ。

 

今は「多様性を」とは言いつつも
「興味ないのはいいけど気持ち悪いものは排除」って感じがする。

18歳未満が出てくる成人マンガとか、規制されてるじゃん。
二次元なのに。

 

残酷なゲームとか暴力的なゲームとか
「現実と区別がつかなくなる」とか言われがちだけど

じゃあ恋愛シミュレーションゲームばっかりしてる人が
「現実で恋愛ばっかりしてるか」ってったら違うのにね。

 

「多様性」っていいつつも「気持ち悪いものは排除」な感じ。

しない?

 

 

話を戻して。

で、年をとっていくと

自分の「何が好きで何が嫌いか」の価値観が
割とはっきりしていく傾向にある。

経験が積まれていくからね。

 

そうなった時に
「自分はこれが好き」がハッキリしてくってことは
「嫌い。許せない」がハッキリしてくってこと。

だからジジイになると頑固になるんだと思う。

「もういいや。これ好き。これ嫌い」って諦めがつくっていうか。

 

そうなったら「嫌いな価値観」に
どう対応するかっていうね。

「嫌いなものを受け入れる」ってキツイと思うんですよ。

受け入れられたらそもそも嫌いじゃないし。

 

でもそこを「許せるか」ってことが

なんかこう「器」的なところなのかなぁ。

 

「諦める」んじゃなくて
「好き嫌いをハッキリさせつつ許す」っていう。

 

 

むずいね。

 

 

 

 

まぁ、それが出来なくてもさ。

イッツオーライ。って言ってくれるのがロックンロール。

 

 

好き嫌いが全然わからなくてもさ。

イッツオーライ。ってそばにいてくれるのがロックンロール。

 

なんにもうまくいかなくてもさ。

イッツオーライ。って抱きしめてくれるのがロックンロール。

 

31755222_1513669152077958_3850892906231496704_n

 

ねぇ、君には

何が見えてる?

 

 

 

 

何も見えなくてもさ

アイラブユーベイベーだよ。

 

 

ロックンロールが鳴ってるよ。

 

 

 

 

こちらは「効果の出ないチラシ」がわかるロックンロール。

ギターリフがめっちゃかっこいい。

 

 

LINE@も始めたよ。

無料だよ。

ほぼ何も届かないけど、メッセージくれれば返信くらいは出来るよ。たぶん。たぶんね。

 

友だち追加

 

 

〈スポンサーリンク〉




 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク