やぁ、ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋だよ。



人から勧められた対談本でお気に入りの本がある。
学歴エリートブロガーと
大学は行かなかったプロゲーマーの対談本。




「悩みどころと逃げどころ」ってやつ。





二人が「いい人生」について対談してんの。


《スポンサーリンク》

学歴エリートブロガーは「学校は行かなくてもいい」って言うし
大学に行かなかったプロゲーマーは「大学くらい行っておけ」って言う。





学歴エリートブロガーは「なにより結果が大事」って言うし
勝たなきゃいけないはずのプロゲーマーは「結果よりプロセス」って言う。





いい学校→いい企業っていう「いい人生」と認識されやすい経歴の
学歴エリートブロガーは「これだっていうやりたいことが早いうちから見つかるのは幸せ」って言うし
17歳で世界チャンピオンになったプロゲーマーは「それが結構辛い」って言うし。






「違う価値観」が学校とか教育とか人生とか幸せについて話してるの。



この本がすごく面白くて二人のそれぞれの本も買って読んだ。






んでプロゲーマーの世界を知ったんだけども。


全米が本家の世界ゲーム大会があって。



野球で言うとメジャーリーグみたいな。
「強い奴はここに集まるよね」って場所。


それはアメリカが本場だと思われてたの。



それの日本大会があって。


日本はゲームのレベルは高い。

対談してたプロゲーマーも
ギネスに載ってるし
全米大会でも優勝した。


大坂ナオミや錦織や羽生結弦がいる世界と
思ってくれていい。


世界で戦える種目なんだ。


それの日本大会もモチロン
レベルが高い。



でも今年

無名のパキスタン選手が
優勝候補を次々と退けて優勝したんだ。


そのパキスタン選手、実は政治的な情勢から
本場と思われていたアメリカ大会には出場出来なかったらしい。




しかもその優勝者は
「パキスタンでは10強にも入らない」とか
「このレベルの選手はザラにいる」とか言われてて。




本人曰く「僕より強い選手は7人いて、特に上6人は別格」
みたいなこと言ってて。


それが本当なら業界の勢力図が一気に塗り替えられる的な感じで
業界騒然。



政治的理由でゲームの表舞台には出てこれなかった
謎のベールに包まれたパキスタン勢。



その6人、「六天王」とか「六芒星」とかみたいな名前で
呼ばれてそう。




バトルマンガで言うと完全に新章突入パターン。
パキスタン編はじまっちゃう。


世界は広いし
こういうのめっちゃワクワクするよね。




で、なんかこういうの見ると
ゲーム好きは
「オンラインでパキスタンの人とやれないかな」とか



「パキスタンってどんな国なんだろ」とか

オンラインでチャットしたかったら
「パキスタンって何語だ?」とか興味持つよね。






世界は繋がってるもんね。



一つに興味持ってたら、なんかどんどん広がっていくと思うよ。


もしくは深まってく。





マンガばっかり読んで
ゲームばっかりして
YouTubeばっかり観て
テレビばっかり観て



それでもいいんじゃないかな。



「将来につながらない」とか言われても
「うるせぇブス」とか思うもんね。今も。



興味持つことが大事だ。





ずっと同じ繰り返しに見えても
深まってるんだ。


感覚を刷り込んでるんだ。


自分のものにしてるんだよ。








自分は
受験勉強で英語がめちゃくちゃ苦手だった。



100点満点で30〜40点くらい。
マーク式だから「運で取れる範囲」。



せめて55点はないと
得意科目でカバーできない。





やったことは「問題解いてひたすら覚えること」。


問題解いて出てきた文法とか単語とか
わからなかったら全部マーカー引いた。







最初は、ほぼ全文マーカー引いた。


それ全部
書き出して覚えた。



毎日毎日繰り返した。





全然点数は上がらなかった。




毎日毎日わからない単語だらけ。




毎日毎日マーカーは引きっぱなし。


毎日毎日覚えてる。



でも一向に点数は上がらない。






ずっと「運で取れる点数」の範囲内。
変わらない。




努力が報われない。



無力感、虚無感。


「間違ったやり方なんじゃないか」
「もっと優先順位の高い覚えるべき単語があるんじゃないか」


不安、焦り。



やってもやらなくても
「運で取れる範囲」の点数。





それが2ヶ月続いた。


受験勉強の2ヶ月はでかい。


成果が何にも見られない2ヶ月。


諦めかけたけど
他に方法知らなかったから続けた。


繰り返し繰り返し。








そして




或る日突然
急に点数が上がりだした。


急に60点取れるようになった。



マーカー引く量が
急に減った。



或る日突然、ピンときて繋がった。



点と点でバラバラだったのが
有機的に繋がった。



なんかそんな感覚だった。



あの時覚えた英単語はほぼ忘れてしまったけど

「努力の成果の出方」は学べた気がする。



きっと「やった分直線で右肩上がり」ではない。努力は。






きっとこんな感じ。

きったな。字きったな。
まぁスマホで指で書いたからね。

しゃーない。




努力や繰り返しはきっと
成果ベースで「してもしなくても変わらない時期」が続いて

急にグイッと成果が出る。



それは受験勉強で学べたかな。




だから
「しょーもないこと」を続けてるように見えても
ある日急にピンと繋がってグイッとくる日が来るのを
体感で知ってる。




興味を持って続けてたら
いつかグイッとなる。




マンガでもゲームでも動画でも音楽でも
だらだらしてるように見えても
「これが好きでいいのかな」って思ってても





いいんだよ。



それが好きでいいんだよ。



将来につながらないとか

「うるせぇブス」でいいんだよ。




好きで続けたら見えるもんあるし。



そしたら世界も広がるしよ。



お金になんなくてもよ。


「価値」はあるよ。







成長が感じられるとよ
「幸せ」だぜ。



最近、自分でズボン履けるようになった2歳児。
絶賛イヤイヤ期驀進なう。



君は君だし
好きは好きでいい。





興味あるなら続けたらいい。


経験は、価値になる。

お金になんなくてもいい。


お金では買えない
価値がある。



お金にも出来るしね。





経験、成長。

「幸せ」を感じられるよ。



やってみなよ。





悩んだ時は
逃げたくなった時は
この本読んでみなよ。

「正解なんてない」から
やってみなよ。



ロックンロールが鳴ってるよ。

 

 

 

爆音で鳴ってる。

 

 

《スポンサーリンク》

 

 

 

LINE@も始めたよ。

無料だよ。

ほぼ何も届かないけど、メッセージくれれば返信くらいは出来るよ。たぶん。たぶんね。

 

友だち追加

 

 

有料記事

 

スポンサーリンク