やぁ、電撃パンクゾンビーズ 呉屋だよ。



M−1観た?







自分はさっき観た。









そう。リアルタイムで観れなくて。


後で観ようと録画してた。




録画で後で見るけど「誰が王者だ!?」っていう
ドキドキ感と観たくて。





でも
M−1王者なんか秒でネットニュースになるじゃんね。


スマホも極力開かないようにしてて。


グーグルなんてもってのほか。



あいつすぐユーザーに合わせた情報出しやがるでしょ。





M−1前とか、めっちゃ決勝進出者のインタビュー記事
勧めくさってたもんね












ああ、好きさ。大好きさ。





リアルタイムで観たかったさ。





観ようと思ってたさ。




子供の寝かしつけ時間の午後8時を回っても
この日だけは勘弁してもらってテレビつけようと思ってたさ。









でもさ。






車の後ろを完全なる不注意で車止めにぶつけた夜にさ。
車の後ろをベッコリさせちゃった夜にさ。





そんなことをしてごらん?





どうなる?





車へこましたくせに
子どもたちの寝かしつけも放棄。










そう。






嫁様がめちゃくちゃ不機嫌になる。



不機嫌極まれる。









避けたい。


それは避けたい。








こうやって僕と現代の情報大洪水時代との
長い戦いの1日が始まったさ。











ルールは一つ。
シンプルだ。




「情報を防ぎ切って録画したM−1を観ることができるのか」だ。




それがたった一つのルール。




この戦いのシンプルなルール。







シンプル。






シンプルだけど
イージーじゃない。





単純と簡単は違う。





舐めてかかると瞬殺だ。



そんなルール。




そんなルールの長い戦いの火蓋は切って落とされた。











落とされた途端
スマホの画面に映る通知。




見えるかな?


見えづらいか。



真ん中くらい。


安達先輩から着信入ってんのよ。

メッセンジャーで。




日曜日夜の8時27分に。












M−1じゃん。

絶対M−1じゃん。



絶の対に
Mの1じゃん。








先輩漫才超好きじゃん。




毎年M−1観てるじゃん。



ツイッターの名前に「漫才好き」って書いてあるじゃん。



好きすぎて一回出てるじゃん。








そんな好きな人からのM−1中の電話。






絶対にM−1じゃん。









いきなりの猛攻じゃん、情報大洪水時代。


押し寄せてくるじゃん。



いきなり必殺技じゃないか。



いきなり邪王炎殺黒龍波じゃん。




手加減を知れ、超情報化社会め。










超かけ直したい。



超かけ直したいけど




かけ直したら負ける。





この戦いに負ける。









だって先輩
「もしもし」って言わなさそうだから。






王者の名前の雄叫びで始まりそうだから。



もしくは敗者復活コンビの名前とか。



高得点者の名前とか。










撮ってある。撮ってあるんだ。





観たことないまんまなんだ。


そしてそのまんま

一切の情報入れてないまんま観たいんだ。






かけ直したら
なんらかのM−1情報をブチこまれる。


否応無くブチこまれる。





絶対。


絶対にだ。







だから取らないし
かけ直さないよ。









ごめんよ。










そしてなんとか職場でも
M−1の翌日なのに「M−1の話題NG」という
YSP(ヤッケーシージャパワ−)のパワハラな力技キメて
なんとか情報守りきった。





そしてさっき観終わった。







勝った。




戦いに勝ったよ。







おめでとうミルクボーイ!!!
最高得点すごい!!!!!
おもしろかった!!!!!!!












ナイツ塙がM−1について書いた本。面白いよ。


















ロックンロールが鳴ってるよ。

 

 

爆音で鳴ってる。

 

 

《スポンサーリンク》

 

 

 

LINE@も始めたよ。

無料だよ。

ほぼ何も届かないけど、メッセージくれれば返信くらいは出来るよ。たぶん。たぶんね。

 

友だち追加

 

 

有料記事

 

スポンサーリンク