やぁ、ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋だよ。


最近「左ききのエレン」(原作版)にドハマリしている。
いやー面白い。マンガね。


広告代理店とかデザイナーとかクリアイターとかアーティストとかの話なんだけどさ。



もうなんか「仕事」とか「才能」とか「ビジネス」とか
すごいいい感じで物語になってて。「営業」の仕事とか。



まぁ、うん。読んでみて。
面白いから。





ところで今日は「行動」について。



《スポンサーリンク》



数年前にグーグルのスタートアップ体験みたいなイベントに参加したことがあって。


学生から会社員から経営者から色んな人が集まってた。


んでチームになってそれぞれ3日間で「何かをカタチにする」みたいなイベント。



3日後に発表があるの。



で、どのチームが優れてたか競うやつ。


その時の話なんだけど。




ちなみに自分のチームは
銀行員、大学生数人、高校生(中学生でアプリ作って売り出してる系の天才。後に東大)って感じだったかな。


天才高校生が「素人美人を検索するアプリを作りたい」とか言って
その方向に進んでたくさんの人の顔写真(サンプル)を撮りまくった感じ。


まぁ、それは置いといて。





そのイベントの最初の説明のときに
「話し合いばかりで実際に行動しないと価値がない」
みたいなことがあったのよ。




会議室で話し合って考えてるより行動を重ねてトライアンドエラーを重ねたほうが価値のあるものに近づきやすい。的な。





で、そのイベントの別チームで
「しゃべるゴミ箱で沖縄の観光に貢献する」
みたいなテーマを掲げてたチームがあって。





個人的に「すごいなー」と思ったのが


最初って、その「しゃべるゴミ箱はどんな風に貢献するか」とかって考えそうじゃない?
普通。
「道案内をする」とか「現地の歴史の説明をする」とか
「分別を教える」とか。


なんか「企画」の全体を考えそうじゃない?

「こうこうこうで、こうだから、しゃべるゴミ箱は有用です!」


みたいな。


「先に答えを見つけておいて、そういう音声が出るゴミ箱を設計して
街角に置いたらこんな反応だった」的な。
順番的にね。




でもそこにいた大学生がやったことが
「とりあえず自分がゴミ箱に入って通行人と話してみる」だったのよ。



近くにあるビーチ行ってダンボールかなんかで「しゃべるゴミ箱」みたいな
でっかいやつ作ってそれに入って近くを通る通行人に話しかけてたの。
(あとでその様子を動画で見せてもらった)



通行人は「え!?」って驚きながらも「こんにちわー」とか
「旅行です」とかいろいろ答えてたのよ。





んでなんか色々コミュニケーション取ってたわ。
「どこから来た」とか「どこ行った」とか「これからどこ行く」とか。



なんかそれ見て「行動ってのはこういうことか。」と思ったよ。



しゃべる内容(現地の説明やオススメの店など)を話し合うより先に「まずはしゃべってみる」っていう。



そしたら実際の反応もわかるし、何より「音声を流す」的な一方通行のやつじゃないから「利用する人」ともコミュニケーション取れるし。
実際に何が喜ばれそうかわかるっていう。


あと、逆にアンケート取ったりも出来たりするかもだし。
「どこから来たんですか」って聞いて、音声判別で「このスポットはこの地域の人に人気がある」とかわかるし。わかれば販促でその地域に力入れたり出来るし。



とりあえず「わかったこと」(経験値と言ってもいいかもしれない)が
すごく増えたように見えたんだよね。

1日を「ゴミ箱に何を話させるか」を決めるのに使うより。

「実際に自分でゴミ箱に入ってしゃべってみる」って方が。





「行動する方が経験値の増え方がすごい」って思った。



もちろん、時と場合によるだろうけどね。
リスクもあるし。

でも大体の人が恐れる事前に取り除こうとするリスクを取って行動するってのも大事かも。




トライアンドエラーが大事よね。


「実際にやってみて、こうだったからこうする」の方が
現状にあった商品(メリットを提供できるもの)が出来る気がする。






補助金とか助成金とか
「事前に決めて、その計画通りに」って性格だから使いづらいんよね。



絶対「計画して行動」したら修正点なんて出て来るしさ。
でも「事前に出した計画とずれたら出しません。税金なので。」
っていうね。




まぁ税金だからある程度のチェック機能は大事だとは思うけどね。



「政策が現状に合ってない」とか言われるのって
「やってみたらこうだったからこうしてみよう」の幅が少ないことよね。



「とりあえずゴミ箱に入って喋ってみる」って出来ないじゃんね。
税金だと。「効果は?」とか聞かれるし。


「わかりません。それを知るためにやるんですけど」って言ったら「税金の無駄遣いだ!効果もわからないことに使うんじゃない!」ってなるし。







難しいね。





考える前にどんどん行動する人は「考えないバカ」に見えるけど
「経験値のたまり方が恐ろしく早い」ってのはわかる気がした。





そんな話でした。



「とりあえず、やってみよう」が大事だな。と。

「とりあえず押してみる」








押して!子ども目線にしてくる自動販売機の企業努力!押して!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村









ロックンロールが鳴ってるよ。



《スポンサーリンク》

スポンサーリンク