こんばんは

ザ・電撃パンクソンビーズ
〜シビれるロケンローマーケティング野郎〜
不死身の「売れる仕組み」ナビゲーター

呉屋です。

さて。

「とにかくお金が残したい」という場合。

まずは

「どの商品が利益を出してるのか」
を知ってください。

カンタンです。

商品ごとに仕入れた額と

売った額を差し引きして残った数字です。

  
こういうことね。

注意は

「どれが一番売れてるか」じゃないですよ。

「どれが一番利益を出してるか」です。

めっちゃ売れてるけど利益薄い。とか

フツーにありますからね。

数字として出さないとわかりません。

で、「どの商品が一番利益を出してるか」を把握するんです。

そして

その商品が「好きな人の生活にどんな風に役に立つか」を考えて

買ってもらう。

それをやればいいです。

まぁ、商品の性格とかありますけど。

利益重視じゃないとか。

喜んでもらう商品とか。

来てもらう商品とか。

いろいろありますが。

数字の把握。

「だいたい」ではなく

「きっちり」。

売上構成だけで判断してしまうと

利益の薄い商品を一生懸命売ってて

資金繰りが苦しくなってしまう。

ってことも。

飲食店とかだと

材料毎に割ったりして

メンドイです。

でも

お金かかりません。

ロスを増やすより

マシだと思います。

それもメンドイなら

その程度の商売なので

まぁ、それはそれでいいかと。

「やりたいけどやり方がわからない」って人は

商工会とか商工会議所に行ってください。

無料です。

私に聞くと料金発生します。

「利益」は「血液」です。

商売していく上では

無いと死んでしまいます。

でも

「血液を作るために生きる」のは

違う気がします。私は。

生きた上で何をするか。

そこが、大事です。
↓↓↓↓

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク