こんにちは

ザ・電撃パンクゾンビーズ

呉屋です。

人見知りコンサルタントです。

「人見知り」は「強み」です。

ええ。

大丈夫です。

ええ。

さて

アメブロに多い

「起業講座」や「大人のナントカ」みたいなやつ。

あれはですね。

コンサルタントではないですよ。

私の認識では。

コンサルタントって

「問題を発見して解決する」

とかそんな感じです。

「お客様の目的地、行くべきところ」に

行く手伝いって感じです。

でも

アメブロにある「起業講座系」は

こういうのがあります。

  
意味わかりません。

「私は」ね。

会場抑えた実費とかならまだしも。

30万とか、半年コースで120万とか。

企業のコンサルじゃなくて

「起業」ですよ?

そんなバカなー。

ツッコミどころ満載です。

普通、キャンセルされたら

「合わないってわかった」んだから

「目的地」に一歩近づいたんじゃないですか。

私は良いことだと思うんですよ。

なのに「キャンセル料」?

会場抑えたならわかる。

でもそんな額じゃない。

なぜか

「金が目当て」なんですよ。

「あなたを起業させたい」んじゃなくて。

私から見ればね。

「このために日程あけてた」?

キャンセルされるような集客しか
できないコンサルタントってことです。

「自己責任」なのにね。

私もセミナーキャンセルされたことはあります。

けど

「自己責任」だと思いますよ。

「価値伝えきれてなかったな」って。

5,000円だとしても

ちゃんとやってくれれば10万円くらい利益出せるのに
それを「伝えきれてなかった」。

それは「自己責任」。

コンサルタントならなおさら。

マッサージや整体師は別ですけどね。

あとね。

「起業してる自分になりたい」って人は別に良いです。

コンサルタントではなく

「起業を体験できるサービス」だと

捉えればいい。

別にそれならいい。

受けたらワクワクするみたいだし。

ただ、見てる限り「誰かに価値を提供する」ってのは、無理そう。

ブログとか拝見してても。

なんというか。

「承認してもらうための起業」なら別に良いけど

「達成したい目的があって手段として起業する」人には絶対に合わない。

「良い悪い」じゃない。

合わない。

なんていうんですかね。

「一人じゃ不安だからみんないるみたいだし
安心だね」って人は

ビジネス無理。

「こういう人たちの役に立ちたい」とか

「これが好きでもうたまらない」とか

「周りがなんと言おうと」ってやつ。

そういう人が向いてると思う。

ビジネス。

えーと

要は

キャンセル料がこういう風にかかるコンサルタントは、「起業する体験」を提供してるところ。あなたがビジネス出来るようになるわけではない。仲間(のような人たち)は出来る。

って感じです。

本当にビジネスを成功させたいなら

受けない事をお勧めします。

こんな感じの表記があるところは。

  
↓↓↓

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク