こんにちは

ザ・電撃パンクゾンビーズ

呉屋です。

  
人間の体は

たくさんの細胞でできている。

白血球や赤血球のひとつひとつにも

意思があるかもしれない。

赤血球はふだん

酸素を運ぶ「役目」をまっとうしている。
 
 
 
 
 
 
 
 

人間も、地球の中の細胞かも知れない。

「役目」があるのかも知れない。

なんかそんな事を考えました。

「ひとり」ではなく「ぜんぶのいちぶ」って感覚。
 
 
赤血球が酸素を運ぶのは
 
「目的」ってより
 
そういう「性質」。
 
 
 
 
良いとか
悪いとかじゃなく。
 
 
 
 
 
そして
 
仮に
 
つまづいて
 
血が出てしまったとする。
 
 
その血は「性質」に沿った「役目」をまっとうできなかったとする。
 
 
 
「ダメな赤血球」だろうかな?
 
 
 
 
外に出て
 
 
かさぶたになって
 
 
はがれて
 
 
 
何かと反応して
 
分解されていく
 
 
 
「何か」に「作用」する。
 
 
 
 
 
役目を全う出来なくても
何かに絶対作用する。
 
 
 
 
消えてなくなりはしない。
 
 
 
 
えー
 
 
 
 
 
 
 
オチは

ありません(笑)

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク