さて

 

さてさて

 

「子どもたちのために」って言っちゃってる。

「ワクワクする明るい未来を」って言っちゃってる。

 

 

僕を含めたオトナたちよ。

 

 

 

そのためにはさ

「子どもたちに何かを提供する」のも大切だけど

「子どもたちが未来に希望を持てるように教える」のも大切だけど

 

一番大切なのはそれじゃない。

なんならそれは

「どうでもいい」。

 

 

 

一番大切なのは

「オトナの自分自身がワクワクしてるのか」ってこと。

img_0001

そこが、一番、大切だよ。

 

 

 

 

「お前たちのために」なんて言われても

伝わらない。

押し付けがましく感じるだけ。

 

「子どもたちのために」って何かしても

子どもたちのためにはならない。

 

 

 

 

 

「子どもの未来?そんなの関係ねぇよ。おれが超楽しいんだ」って

言ってるオトナを見て

子どもたちは希望を持つんだぜ。

 

 

 

 

 

ピコ太郎は

「子どもの未来」のために

りんごとペンを持っちゃいない。

 

でも

子どもたちは

ピコ太郎の真似をする。

 

ピコ太郎みたいになる。

 

 

 

 

君は

「君のロックンロール」を鳴らしているか?

 

一番大切なもの、自分でわかってるか?

 

 

君がもし

わけもわからないのに苦しいなら

君は「君のロックンロール」を鳴らしてない。

 

君が「君のロックンロール」を鳴らすためのメルマガ作ったよ。

無料だよ。

無料レベルは軽く超えているよ。

君のロックンロールを鳴らそう。
クリックしたら登録フォームに飛ぶよ。

 

君の、ロックンロールを、鳴らそう。

スポンサーリンク