こんにちは

ブログが入り口で会う人に
「ブログと印象違う」と言われます。

そうです。

ザ・電撃パンクゾンビーズ

呉屋です。

大分県中津のガソリンスタンドで見たPOP。

コーティングのPOP。らしい。

  
「気になる方は開いてみてね」

と書いてあり。

開いてみると

 
こう。

「バカだなー(笑)」と思いました。

車写ってないし(笑)

私はもちろんここで車をコーティングすることは無いでしょう。

でも

このガソリンスタンドの近藤さんが

少し好きになりました。

商品にはいくつか種類があって。

・集客商品

スーパーで言う「特売品」。人を集めるのが目的なので利益は薄い。

・バックエンド商品

コンサルタントでいう「コンサル契約」。
利益を得る商品。買ってもらうと嬉しいです。

・コンセプト商品

売れなくても、あるだけで、そのお店の「象徴」になるような商品。私でいうと「ライブ」(まだやってないけど)。

という感じ。

これ、商品じゃなくて

POPにもあるなー。と。

集客POP→目を引く。立ち止まってもらう。

バックエンドPOP→買ってもらう。

コンセプトPOP→お店の理念が反映されてる。

みたいなやつ。

「これはどれかな」って意識して書くと

精度上がります。

役割が違うので。

コーティングのPOPはコンセプトとバックエンドが混ざった感じかな。

「こんな人のいる店」ってのは伝わりました。

「欲しい」と思ったら買ってもらえるでしょう。

混ざっててもおもしろいですね。

でも

「混ざってる」って意識はあった方が

精度は上がっていきます。

視点。

大事。
↓↓↓↓

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク