こんにちは

ザ・電撃パンクゾンビーズ

呉屋です。

人見知りがグループコンサル募集。

こういう企画。参加したい人はFacebookでコメントかメッセージください。

こわー。

でもまぁ、チャレンジチャレンジ。

さて。

来たい人に向けて書きます。

2時間ですからね。

事前に伝えられるところは

ブログで伝えたいと思います。

「売れる仕組み」に必要なのは

「誰が売ってるか」です。

そこを出していくべきだと思ってます。

そこを出さないとしたら

あなたの競合相手は「Amazon」です。

勝てるならいいです。

「誰が売ってるか」を出さずに「Amazon」よりお客さんに喜んでもらえるなら、やればいいと思いますけど。

それは楽しくはない気がします。

「誰が売ってるか」を出さないと

お客さんに「響きません」。

「響かない」と

行動に移してもらいにくい。

買ってもらいにくい。

響くには「誰が売ってるか」が

必要な話。

例えば

「あなたの仕事はうまくいきますよ」

とだけ書かれた紙がポストに入ってたら

どうです?

こわくないですか?

でもですよ。

有名な占い師とかに

「同じこと」言われたらどうです?

「やったー!」ってなりません?

「内容」は同じです。

でも

「誰が」が見えないと。

伝わり方が全く違います。

私はこんな格好で中学生に講話しました。

  
「仕事って楽しい」と伝えたかったから。

ガッチガチのスーツ着た人に

むずかしー顔で

「仕事は楽しいから、人の役に立つような視点を持ちましょう」

とか言われても

響かないから。

伝わらないから。

でもこんなカッコの人に

「仕事はすげー楽しい!どうやったら人の役に立つかって視点さえ持てれば、好きなことも役に立つよ」って

言われたらどうです?

少なくともガッチガチの人よりも

響くと思います。

そして

「誰が売ってるか」を知ってもらうには

全てをさらけ出した方が響く。

私は最初、

役に立つ情報や、理想的に近づける話

自分がしたい話しかブログでしてませんでした。

「自分にとって都合の悪いこと」は書かなかった。

書かなかったというか

気づいてすらいなかった。

視界の外だったから。

「伝えたい範囲」からだけ

伝えてた。

でもある方に言われたのです。

「それじゃリアルじゃないから伝わらない」と。

言われて、すぐ書きました。

これを。
素直。超素直。

そしたら

  
こういった感じで。

とてもとても多くの方に読んで頂きました。

「売れない芸人やっててお金全然ないけど、好きになりました!」って

感想も頂きました。

響いたんです。

「恥部」を出すと。

でもね。

「恥部」だからね。

出してないことすら気づいてないよ。

たぶん。

自分は人に言われたから気づけた。

「気づいてない範囲」に「気づける」なんて

無理だもの。私は。

「視界の外が見える」なんてない。

見えてたらそれはもう「視界」だからね。

だから

気づくには「人と話す」ことが

重要です。

自分の「視界の外」から話をしてくれるから。

そしてそこで気づいた「自分の恥部」も出す。

「誰が」ってとこは全部出す。

恥部も。

ち◯こも出す。

くらいの。

くらいのね。

気持ちで。

重要なのですとても。

「誰が売ってるか」。
↓↓↓↓

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク