お前は、たくさんの「問題」を解いてきた。

そして

お前は、たくさんの「答え合わせ」をしてきた。

たくさん。

たくさん。

たくさん。

たくさん。

たくさん。
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてそれは

気づかないうちに

お前の中に一つの「定義」を生んだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「答えは最初から存在している」

と。

「答えは最初から存在していて、それに辿り着く方法を、みつけるのだ」と。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だから

「答えの出ない問題」には

どう動いていいかわからなくなった。
 
 
 
 

「そんなものに答えがあるとは思えない」ということは

「問題」とすら認識しなくなった。
 
 
 
 
 
 
 

でもな
 
もう

「答え合わせ」の時間なんか

永遠に来ないんだよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「正解」なんか無いんだ。

「正解」なんか無い。

  

ADACHI先輩神格化計画。

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク