こんばんは

ザ・電撃パンクゾンビーズ

呉屋です。

美しい矜持を持とうぜベイビー②の続きです。

スクリーンショット 2016-01-07 0.17.53

前回は「矜持の持ち方」を書きました。

で、次はそれが「美しい矜持」かどうか。です。

くだらないプライドならカッコ悪いですからね。

周りから見た時に。

それでは商売において武器にはならない。

だから「美しさ」は大事です。

さてその「美しさ」ですよ。

どんな時に「美しさ」を感じるのか。

私はこう思います。

「美しさ」は「エネルギーが感じられた時」に「美しい」と感じます。

ここでいう「美しさ」は「見た目の綺麗さ」ではないです。

「エネルギーや熱量」です。

「エネルギーや熱量」が感じられると「美しい」と感じます。

例えば、プロレス。

プロレスラーは、相手の技をよけません。

全部受けます。

そこには「全部受けて、相手を精神的にも肉体的にも凌駕してこそのプロレスラー」という

「受けの美学」があります。

これは「美しい」です。

こういった「プライド」に「熱量」が加わると美しくなります。

美しさは何も「受けの美学」のように「誰から見ても凄いこと」ではなくてもいいです。

「他の人からしたらたいしたことではない」ことにも「美しさ」は宿ります。

要は「その人にとってどれくらいのレベルのことに立ち向かうか」です。

こんなイメージ。

12498726_817369071707973_653832629_n

「A地点」から「B地点」に向かう時に

「その人にとっての難易度の高さ」が「摩擦」で

「摩擦」があればある程、立ち向かうエネルギーが強ければ強いほど

「熱量」が生まれる。

その「熱量」が伝われば、伝わった相手に「美しい」と認識される。

そんな感じ。

だから

「矜持」を「美しく」するには

「これだけは大切にしたい」という「矜持」が

より「熱量」を生む状況にすればいい。

私なら

「カッコよくいたい」というのが、より伝わる様に。

 

「A地点」は現在地です。

どんな「B地点」に向かうかで、摩擦が決まり、熱量が決まります。

 

書いてて気づきました。

なんでこんな企画をやるのか。

この「B地点」、摩擦凄い。めちゃ進みにくい。怖すぎ。

私にとってはね。

でも

摩擦が凄いってことは、熱が生まれる。

「美しい」はずなんですよ。

それは。

あとは、その「美しさ」をちゃんと「伝える」ことが出来れば

この興行は成功します。

こんな場所も借りちゃったし。

摩擦凄い。

だから

進みさえしてしまえば

「熱量」は生まれて、「美しく」なります。

仮に

「B地点」まで辿り着けずに途中で力尽きたとしても

進めば「熱量」が生まれてそれは「美しい」はずなんです。

「矜持」を基準にB地点を目指せば。「美しい矜持」は持てます。きっと。

そしてそれは商売において強力な武器になるはずなんです。

きっと。

 


マーケティング・経営 ブログランキングへ

スポンサーリンク