ターゲットを絞るのは

「売れる仕組み」を作るときの

段階的に

少し後です。

 

 

 

まずは

 

①自分自身の「コンセプト」を決める。

②それが「誰の役に立つか」考える。(商品)

③商品への導線を考える。

④導線への入り口をたくさん作る。

⑤導線の途中でターゲットを絞る。

⑥買ってもらう。

超大雑把に言うとこんな感じだと思います。

 

「入り口」はたくさんあった方が入りやすい。

です。

とても多くの人に見てもらうのは効果的です。

例えば「隠れ家的カフェ」でも

実際は雑誌に載ったりしてます。

また、人通りの多いところにあります。

最初の段階では人の目には触れます。

 

その後に「会員制」だったり

「人里離れたところにある」とかで

「ターゲットを絞る」をしています。

 

なので

「ターゲットを絞る」のは少し後。

まずは

「入り口」はより多くの人に見てもらうことをする。

が大切です。

 

「隠れ家的カフェ」が

雑誌にも載らず

発信もせず

SNSも禁止だったら

本当に誰にも見つけてもらえなくなりますから。

 

img_8496

で、最初の段階の

①「コンセプト」を決める

って時に役立つイベントが

4月11日にあります。

沖縄。2万円。

席に限りがあります。

 

沖縄の人は

「直前に申し込む」癖があるので

今参加表明しておくと

確実に参加できてお得。

 


マーケティング・経営 ブログランキングへ

スポンサーリンク