「自分でいる事を受け入れる」とか

「自分でいる事を認める」をすると

基本苦しくないです。
 
「自分でいる事を認める」をしたのに

もし苦しいのであれば
 
「諦めて」ないから。
 
「諦めて」ください。

「あの人みたいになりたい」とか。

「こうなりたい」とか。
 
 
 
 
 
えーと

「あるだけ」です。

「ないもんはない」です。
 

自分でしかいれません。
 
 
 

っていう話なんですけれども。

「自分でいる事を受け入れる」って

よく聞きますよね?

確認する1つの方法として

「諦めきれてるかどうか」です。

「よし!認めた!受け入れた!」って思っても

認められてないこともあります。

「認めた!受け入れた!」って

周りに言うことで

「他人に承認して欲しい」みたいな。

結局、「他人の評価」を軸にしてる感じ。

も、あります。
 
 
 
 

「本当に諦めきれたかどうか」って

まぁ、感情の動きでわかるんですけども。

「諦めきれたかどうか」です。
 
 
本当に諦めきれてたら

「他人からの評価」を「軸」にはしません。
 
 
 
具体的な感情の動きで言うと

「私の出身地は、沖縄県です」っていう感じ。

「ハワイがよかったー」とか思わないもんね。

もう「しょーがない」って諦めてる。

それくらい「諦めきれてるか」って感じ。
 
 
「なんで自分、ハワイで生まれてないのかな」って
基本思わないでしょう。
 
それは「受け入れてる」ってこと。
 
具体的に

「諦める」には

過去の事を思い出して

その時どんな行動をしたかを思い出して

その時の感情を思い出して

自分の価値観を認めて

諦める。

それだけ。

そうなると、だいたい

「しょーがない」ってなる。

諦めきれる。

「だってこうなんだもん」て。

「出身地って今さら変えられない」くらい

諦めきれる。

なんか退廃的に聞こえるかもだけど

「創造的」にもなるよ。

「これやりたい」っつって。

「諦めること」を「諦める」。

「今」を作ってるものを徹底的に思い出して

何をやるかを

「ここ」で選択する。


あなたの人生の王様はあなたで

あと全部わき役!
 
 
 
 
「あなたより偉い人」も

「あなたが主人公の物語」のわき役!
 
 
 
 
 
「あなたよりすごい人」も

「あなたが主人公の物語」のわき役!

バカはバカだし

天才は天才!
 
  
 
「魅力的になる」って

「質を高める」ってことじゃなくて

「他の何者にもなれない」って

諦めて、「自分でいること」をするってこと。
 
 
 
諦めきれると

全然苦しくないです。
 
 
魅力的になりますよ。

私はいま

「あなたはウサインボルトより速く走れません」と言われても

なんの

苦しみもないです。

それは諦めてるから。

「呉屋泰斗ではありません」と言われても

なんの

苦しみもないです。

「呉屋泰斗です」という絶対的な自信があるから。
 
 
 
 
「自信がないから行動出来ない」って

本当は

「私はこんなはずじゃないはずだ」が

あるから。

「失敗したらどうしよう」と思うのは

「理想通りの私なら失敗しないはず」と思ってるから。

「幻想の自分」を見てる。

「本当の自分」を認めてない。

だから

苦しくて

動けなくなる。

動けなければ

「理想通りの自分」を守れるから。

「ちゃんとやれば出来るはず」と思ってるから。
 
諦めましょう。
 
 
 
 
 
年収2億円稼ぎます。
どうやろうかな。
 
 
今年の目標は
年収1000万。
 
 
 
まだまだ
まだまだ
稼げてません。
 
 
仕事はあるし
1つ1つは濃いんだけどなー。
 
 

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク