さて

芸人のスリムクラブ。

知ってます?

 

スリムクラブ。

 

 

彼らが売れたのはM−1でブレイクしたから。

 

なんでブレイクしたか知ってます?

 

もちろん

「おもしろかった」から。

 

でも

「なんか面白いもん作ろう」って

闇雲に作ったネタではなかったと思います。

 

やみくもに

「おもしろいもん」作っても

売れなかったと思います。

 

意図的かどうか

本人確認してませんので

本当のところはわかりませんが

私はそこに

「戦略」があったのだと思います。

スリムクラブの。

 

「M−1の流れ」と「スリムクラブのできること」が

重なって大爆発したんだと思います。

 

 

「彼らがM−1で大爆発した理由とは?」

みたいなことを「分析」してくと

「見えてくるもの」があります。

 

そんな説明もしつつ。

 

それを、「あなたの好きなことを仕事にする。」ヒントにしていただけたらと。

 

 

セミナーをやります。

レキオ学園で。一般参加も大OKみたいなので

ぜひおいでくださいまし。

日時:平成28年6月16日(木)午後1時

参加費:3000円(やすい)

場所:浦添市レキオ学園

詳しくはこちらから!

 

 

 

まぁネタばらしすると

「テンポ」です。

 

それまでのM−1では

「なるべく多くボケを詰める」がセオリーでした。

でもスリムクラブは

めちゃめちゃ間をとりました。

逆サイドを突っ走ったんです。

高いレベルで。

 

他の出演者がまくし立てる中

スリムクラブの「間」は異常でした。

しかし

故に「爆発力」もすごかった。

 

例えば

スリムクラブが「同じネタ」をやったとしても

他の出場者も同じ「たっぷり間をとる」というネタなら

あそこまでの「爆発力」はなかったと思います。

 

「ネタ」=「商品」が同じでも。

「まわりの状況」で「爆発力」は違うんです。

 

「まわりの状況」も「振り」にしてしまったんです。

 

だからこその「爆発力」でした。

 

 

 

スリムクラブもたくさんの

「積み重ね」をしたんだろうと思う。

1本1本は、

「こんなこと続けててなんになるんだろう」って

思った日もあるかも。

 

 

でも「続けた」んでしょう。

 

 

そして気づいたら

「カタチ」になってた。

スクリーンショット 2016-01-07 0.08.54

1本や2本の線を引いたって

「カタチ」にはならない。

 

 

「積み重ね」の先に見えてくるものがある。

「カタチ」になるまで

線を引けるほど

「好きかどうか」かな。

 

 

 

はい。

6月16日、レキオ学園でお待ちしてます。

 

 


マーケティング・経営 ブログランキングへ

スポンサーリンク