私は

「勇気を与えられる人」になれたら

どんなに素晴らしいだろうと思う。

 

「勇気を与える人」になるには

「勇気を出す方法を教える人」になるんではない。

「勇気を出せるようにサポートする人」になるんではない。

 

 

私は

「勇気を与えられる人」になるは

「闘ってる人」になるといいと思う。

 

 

それは

「勝てるかどうかわからないのに闘ってる人」や

「何かの困難に立ち向かってる人」や

「自分の限界に挑戦してる人」かもしれない。

 

 

でもその人って

「おれがんばってる」ではなく

ちゃんと

「自分がやりたいからやってる人」なんだ。

 

ちゃんと

「自分で決めた人」。

 

 

そういう人を見ると

めちゃ勇気出る。

「困難でもいいや。やりたい」って。

 

そんな人。

かっこいいよね。

 

 

 

だから

私は

「自分で決めたかどうか」を

重要視します。

 

「自分で決めてる」って人は

とてもかっこいい。

 

 

 

それが例え

誰がどう見ても

「しょうがない状況」でも。

 

「自分で決めた」って人。

 

会社の社長の長男で

「なんとなく後継者になった」って人と

「後継者になる人を決めた」って人は

かっこよさが違ってくる。

 

 

 

 

かっこよくありたい。

 

そんな私の

「かっこいい男」の中の一人。

スコーピオン白鳥。


めちゃかっこいい。

 

 

 

 

 

事故で歩けなくなったレスラーの話。

 

 

 

「マンガでしょ?」

「作り物でしょ?」

そうです。

マンガです。

フィクションです。

 

 

 

でも私は

とても

勇気が出る。

それでいいと思う。

 
 
 
 
 
 
スコーピオン白鳥は

「悪役レスラー」です。

本人も

決して真っ直ぐな性格では

ありません。
 
 
 

酒に溺れたり

家族にキツくあたったり

一緒にやってきた仲間を妬んだり

ダメなところもたくさんあります。

 

 

 

そして応援してくれるファンも

普段は愚痴ばっかりで

小さい声でブツブツ言ってるようなやつ。
 
 
 
 

鼻が折れることが日常茶飯事な

下積み時代。

それでも太陽みたいに輝くことを夢見て

耐えた下積み時代。
 
 
 
 
 
それなのに

言い渡された役割は

太陽とはまるでちがう悪役(ヒール)。
 
 
 
 
ヒーローレスラーファンからは誹謗中傷の手紙が届く日々。
 
 
 
そんな中の突然、歩けなくなる。
 
 
 
 
でも白鳥は決めるんです。
 
 
「闘う」と。
 
 
 
引退だと言われても。
 
 
 
「悪役」でも
 
 
 
愚痴ばっかり言うようなファンしかいなくても。
 
 
 
歩けなくても。
 
 
 
 
自分で決めるんです。
 
 
 
鳥肌たつ。
 
 
 
未だに。
 
 
 
障害者を「感動ポルノ」にしてるんではなく。
 
 
 
「一人の人間」の話。
 
話少し変わるけど 
こないだのNHK。


 
「愛は地球を救う」っていう生放送の裏番組にぶっ込んできた番組。
 
 
 
意識したTシャツとか。
 
 
一人は本物着てたし(笑)
 
 
 
 
めちゃ痛快だった。
 
 
「障害者」を「感動」するモノとして扱わないで欲しい。っていう。
 
 
ドキュメンタリーでの
 
「忘れられない人っていますか?」という質問に
 
「忘れられない人…?いや別に…いないかなー」みたいな発言とか。 
 
めちゃおもしろかった。
 
 
そゆところはカットになるんだって。
 
 
で、勝手に「支えてくれた人たち」が出来上がるって。
 
 
 
 
緑に全身塗ったカッパみたいな人が
後ろに寝てるんだけど 
誰も何もノータッチ。
 
 
 
 
すっげーおもしろかった。
 
 
 
 
 
 
話を戻して。
 
 
 
もしあなたが

「なんか調子が悪い」とか

「絶好調ではない」と思うなら

読んで欲しい。

 
 
 
絶好調になれます。
 
 

 

適度な睡眠を取れてるのに

「絶好調ではない」なら

読んで欲しい。

 

 

 

「絶好調でない」なら

「本来できるはずのこと」が
できないです。
 
 

 

あなたは素晴らしいのに。

 

それはもったいない。

 

ぜひ

ちゃんと絶好調になって

本当のあなたの魅力を出して欲しい。

 

 

「行動したいけどできない」とか

「元気になりたい」ってあなたに

おすすめ。

 

 

1巻からでなく

13巻だけでもいい。

読んで欲しい。

1巻から読まなくても

話はわかります。

 

これを読んでも勇気が出なかったら

多分睡眠不足です。

寝てください。

 
 
 
あつくなってきた。
 
 
読もう。
 
 
スコーピオン白鳥さんに 
熱量注入してもらお。

ザ・電撃パンクゾンビーズの本棚

常識はずれのパンクロックマネジメント!人を雇う人は必読の本。「未来工業関連の本」

学校に行く理由・勉強をする理由は、「自分の色を知る為」でいい。人事評価の基準もそう。学校や仕事が嫌で自殺しちゃう前に読んで欲しい本。「14歳」

ライブの盛り上げ方。大事なのは、曲に行く前の「前振り」。「セミナーの盛り上げ方」でも同じ。「サンボマスターライブDVD」

誰でもカッコよくなる方法。それは「自分で決める」だけ。「リアル13巻」

売れるには目立て!目を引くカッコをするメリット。「ミッシェルガンエレファントライブDVD」

松田龍平と松本大洋とミッシェルガンエレファントの邦画。超かっこいい映画。「青い春」

子どもが「漫画家になりたい」と言ったらどうします?「やめとけ」って言います?その前にこの本読ませてあげた方がいい。
「藤田和日郎 読者ハ読ムナ(笑)」

 

最近のオススメ記事

沖縄の貧困、それは「ゆいまーるの精神」。「人間関係」からくる。「関係性」を大事にしてはいけない。

「学校で、イケてない」から、「イケてる」になる方法。

「好きを仕事にする」時に、食べていけるようになるには。

「自分の価値を高める場所」に行ける入り口として、ブログはオススメ。せっかくだからアフィリエイトもやってみたら?

子どもが「漫画家になりたい」と言ったらどうします?「やめとけ」って言います?その前にこの本読ませてあげた方がいい。

儲からない地方イベントが、無くならない理由。イベント地獄での疲弊はこうやって続いていく。

「商工会」と「商工会会議所」と「民主商工会」の違いなんかわからないよね。全く別物。特に「民主商工会」は。

 

〈スポンサーリンク〉







スポンサーリンク