さて

私がなぜこんな格好をしているのか。

img_0233

 

いくつか理由があります。

ザーーーックリ言うと

・目立つから

・自分がかっこいいと思うから

です。

 

 

「目立つ」のはいいことで。

 

 

「売れる」までの第1段階は

「目に止まる」ってのが

絶対入り口にあります。

 

 

その入り口はどの商品も「絶対」です。

「気づかないで購入してた」なんて

 

PCデポみたいな

抱き合わせ購入じゃないとありえません。

認識させずに購入させるって。

 

 

 

少なくとも

私のやろうとしてることではないです。

 

 

ウェブ上で拡散を狙っているし。

「ん?」ていう引っ掛かりと

「興味を引く」っていうね。

 

 

もちろんメリットもあれば

当然デメリットもあります。

 

 

ええ。

完全に「真面目には見えない」です。

 

 

でもいいんです。

 

 

そのあとに

ちゃんとブログ読んでもらえれば

いいんです。

 

 

そこまでのブースターですから。

1度はクリックしてみたくなるはずですから。

 

 

 

もう一つの理由が

・自分がかっこいいと思うから

です。

 

それはもう本当に大事で。

「本当にかっこいい」と思ってやってるのか

「無理してる」のかは

「伝わり方」が変わってきますので。

 

その二つのメリットを

私は取りました。

 

 

 

進みたい方向に進むために。

 

 

マーケティングの最初の段階は

「伝わること」ですから。

 

 

それにはめちゃ貢献してます。

 

はい。

 

そしてこれ

見る人が見ればわかりますが

ミッシェルガンエレファントの

コスプレです。

 

 

めちゃめちゃかっこいい

ロックンロールバンドです。

日本のロックンロールバンドです。

 

 

歌詞は日本語です。

ミッシェルガンエレファント。

 

でも

いわゆる「聴いてて勇気が出る歌詞」とかでは

ありません。

ブルーハーツのように

わかりやすくはないです。

 

 

 

難解です。

本当にそこは「詩」の世界です。

ファンの間では

作詞をボーカルのチバユウスケがしていることから

「チバ語」とか呼ばれたりしてます。

 

それがでも

音に乗るとめーーちゃかっこいい。

 

 

 

そんな

みんな大好きミッシェルガンエレファントが

最高潮にかっこいいのが

個人的にラストライブ。

 

「Burning Motors Go Last Heaven」。

 

 

もーね

もーね

1曲目の

1発目のリフがもう。

 

 

リフレインがもう。

もう。

 

 

超カッコいいんですよ。

 

 

私が

このカッコしてる意味わかりますから。

それだけで。

 

 

「ゴッド・ジャズ・タイム」とかもうかっこいいし

「バードメン」もかっこいいし

「ブギー」もいいし

「デッドマンズギャラクシーデイズ」とかたまらんし

・・・

全曲いい。

 

まじかっこいい。

 

 

 

涼しくなってきたこの季節

昼下がりにコーヒーでも飲みながら

ロックンロールの魔法にかかってみませんか?

 

ザ・電撃パンクゾンビーズの本棚

常識はずれのパンクロックマネジメント!人を雇う人は必読の本。「未来工業関連の本」

学校に行く理由・勉強をする理由は、「自分の色を知る為」でいい。人事評価の基準もそう。学校や仕事が嫌で自殺しちゃう前に読んで欲しい本。「14歳」

ライブの盛り上げ方。大事なのは、曲に行く前の「前振り」。「セミナーの盛り上げ方」でも同じ。「サンボマスターライブDVD」

誰でもカッコよくなる方法。それは「自分で決める」だけ。「リアル13巻」

売れるには目立て!目を引くカッコをするメリット。「ミッシェルガンエレファントライブDVD」

松田龍平と松本大洋とミッシェルガンエレファントの邦画。超かっこいい映画。「青い春」

子どもが「漫画家になりたい」と言ったらどうします?「やめとけ」って言います?その前にこの本読ませてあげた方がいい。
「藤田和日郎 読者ハ読ムナ(笑)」

 

最近のオススメ記事

沖縄の貧困、それは「ゆいまーるの精神」。「人間関係」からくる。「関係性」を大事にしてはいけない。

「学校で、イケてない」から、「イケてる」になる方法。

「好きを仕事にする」時に、食べていけるようになるには。

「自分の価値を高める場所」に行ける入り口として、ブログはオススメ。せっかくだからアフィリエイトもやってみたら?

子どもが「漫画家になりたい」と言ったらどうします?「やめとけ」って言います?その前にこの本読ませてあげた方がいい。

儲からない地方イベントが、無くならない理由。イベント地獄での疲弊はこうやって続いていく。

「商工会」と「商工会会議所」と「民主商工会」の違いなんかわからないよね。全く別物。特に「民主商工会」は。

 

〈スポンサーリンク〉

 








スポンサーリンク