さて

 

「人見知りで引っ込み思案の私」はどこに行ったんだろう。

最近見ない。

 

高校時代は確かに

一緒に居たはずなんだが。

 

ポルノグラフィティ風に言うと

「私は、私と、はぐれてしまった」んだろうか。

 

確かに一緒に居たんだけど。

 

「人見知りで引っ込み思案な私」。

 

今思えば、その「別れのきっかけ」は

大学の時だったのかもしれない。

 

 

いきなりの「大事件」だったわけじゃない。

他の誰かから見たら、「小さなこと」なんだ。

img_8725-1

 

大学入った時

「バンドやりたい」って気持ちがあって

でも

「人見知りで引っ込み思案の私」は

「楽器もできないし歌も上手くないし笑われるかもしれない」って

言うんだ。

バンドサークルには知り合いもいないし。

 

 

それでも

どーしても「やりたかった」から

「人見知りで引っ込み思案の私」の言うこともわかるけど

「知り合いもいない、経験者もいるバンドサークル」に入ったんだ。

 

 

その時だったかなぁ

「勇気を出した私」が、そこにいたんだ。

「自分の【好き】に立ち向かった私」が。

 

嬉かったなぁ。

「他の人の目を元にするんじゃなくて
自分の気持ちに素直に動けた」

ってことが。

 

 

 

私は

「人見知りで引っ込み思案の私」より

そっちの「勇気を出した私」に心奪われたのかも。

 

人から見たら「小さな出来事」で

私もその時は「少し頑張った」くらいにしか
思ってなかったんだけど

(「サークル入った」ってだけだからね)

今、振り返ると

あれは、僕の中では「大事件」だったんだねぇ。

 

 

「勇気を出した私」は

「好き」を理由に進むんだ。

色んなことが思い通りに進むわけじゃないから

「失敗」もたくさんしちゃうんだけどさ。

(「人見知りで引っ込み思案の私」は
「失敗」はあんまりしないんだ。
「出来ること」しかしないから。)

 

「勇気を出した私」は

「失敗」もたくさんしちゃって

大変だから

今は

「毎日一緒」にはいれないんだけど

 

たまに会えると

胸がドキドキして

「あぁ、これが幸せってやつかもな」なんて

思えるんだ。

 

「人見知りで引っ込み思案な私」は

あんまり見かけなくなった。

 

はぐれちゃったのかも。

 

たまに顔を出すことはあるけどね。

 

基本的に別行動になっちゃったかも。

 

 

「人見知りで引っ込み思案な私」とは別行動になり。

「勇気を出す私」は好きだけど
「失敗」が多いから今は毎日はいれない。

 

 

「人見知りで引っ込み思案な私」も

「勇気を出す私」も

そばにいない時が多い。

 

だから

「私」は「誰かと一緒にいる」ことは少なくなったから

 

「自分で考える」ってのを

多くするようになったのかもなぁ。

なるべく偏らないように

「自分の好き嫌い」を軸にして。

 

 

少しずつ、変わってた。

「勇気を出した自分」に出会ってから。

私の場合ね。

 

1年くらいじゃ変化がわからないかもだけど

「勇気を出した私」に初めて会ってから

14年くらいたった今。

「だいぶ変わってる」なー。

 

と、思いました。

 

最近の人気爆発記事たち。

「私の嫌いな沖縄の言葉」

「おもしろい文章の書き方。」

「ハイスタと宇那志豆腐店」

「良いものを作ってさえいれば売れる時代。なう。」

「僕のメールコンサルを受けても売り上げが上がらなかった」

スポンサーリンク