どうも、ザ・電撃パンクゾンビーズ

呉屋です。

 

 

「この機械買うことができれば
作業効率めっちゃアップするのになー」

 

って機械とかあります?

 

「でも買うのめっちゃお金かかるし
そんなお金ない」

 

 

ってやつとか。

 

 

そんな時に
「借りようかな」って思ったあります?

 

「でも借りるの怖いなー。

借金て返せないと怖い。」

 

みたいに思って

チャレンジできないことありますか?

 

 

そんなあなたがもし

小規模事業者だったら。

 

小規模事業者ってのは、
常時使用する従業員数が20人(商業・サービス業は、5人)以下の商工業者
ってことです。

 

 

 

もしあなたがそんな状態なら

仕事関係でお金借りるなら

 

 

銀行には行かないでください。

ア◯ムやレ◯クなんてもってのほかです。

絶対行かないでください。

 

 

じゃあどこに行くかって?

 

商工会か

商工会議所に行ってください。

 

 

 

「マル経」っていう

超最強の融資制度がありますから。

(商工会は「斡旋」で、貸し出すのは国の金融機関「公庫」)

金利「0.91%」(沖縄県商工会連合会ホームページより 平成29年4月12日現在)

沖縄県商工会連合会ホームペーシより

絶対に県内どこよりも安いです。

返済期間は

運転資金(仕入れとか人件費とか経費とか)なら最長8年

設備資金(改装とか機械買うとか)なら最長10年

 

1500万円までは借りられます。

 

担保もいりません。

保証人もいりません。

 

マジで超良心的です。

 

 

 

銀行に相談しない方がいい理由

 

簡単です。

「マル経」よりいい融資制度を持ってないからです。

 

 

良心ある銀行員なら

条件が合致してる案件だった場合
「マル経ってのがあるから商工会か商工会議所に
行ってください」

って案内してくれるけど

 

良心がなかったり

勉強不足で「マル経」を知らなかったりすると

「マル経」を案内されません。

小規模事業者にとって一番条件のいい融資制度なのに。

 

アコ◯やレイ◯は当然案内しません。

そもそも審査無人ですし。

 

銀行で

良心ある人に当たったところで案内されるんですから

最初から商工会か商工会議所当たった方が早いです。

 

商工会議所や商工会に相談した方がいい理由

 

当然「マル経を使える」ってのがあるからなんですが

ついでに不安も払拭してくれます。

 

「ちゃんと返せるかどうか」を

教えてくれます。

一緒に考えてくれます。

解決の糸口を探ってくれます。

 

フラットな目で。

 

 

公的期間なので

ノルマもないし

「お客さんの都合より金融機関の都合優先させて
貸付ノルマのために不要に貸付を行う」なんてこともありません。

 

 

返済計画がちゃんとしてないと

「返済できませんよ」って

貸してくれません。

 

返せなくなるような

「無茶な借金」は出来ないようになってます。

 

だから安心して相談してください。

 

 

 

小規模事業者は機械一つ入れるだけで

作業効率が全然違ったりしますし。

売り上げも変わってくるしね。

 

「どれくらい利益アップが見込めるか」とか

そゆのも含めた計画書を一緒に考えてくれるしね。

いいですよほんと。

商工会とか商工会議所って。

 

 

小規模事業者は参考に!

20561751_1270506763060866_676334018_n

 

ロックンロールが鳴ってるよ。

 

 

 

 

 

今日のオススメ本

全然現実的な「お金」の話じゃないけれど

なんかこう「お金のすごい世界」の話。

漫画っす。ウシジマくんよりは重くない。

 

 

スポンサーリンク