やぁ、ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋だよん。





なんか「風と共に去りぬ」(名作映画らしい。観たことないけど)が
配信制限なんですって。



理由が「差別的な表現があった」んですって。




アメリカで起こってる騒動が原因と思われる。



(「詳しく」はまったくもって知らないけど。
レッツグーグル!)






でもその時は「当たり前」だったんだよなぁ。


とは思いますよね。いい悪いじゃなくて。

いや、悪かったんだろうけど。








「昔は普通だったけど、今は考えられない」ことって
たくさんあるよね考えてみたら。





《スポンサーリンク》












例えば、飛行機の中ってタバコオッケーだったもんね。

モックモクしてたもんね。



席の肘掛けに灰皿あったし。


車もそうだけど。


喫煙が大前提になってたもんね。



今じゃそんな事ありえませんえん(茶魔語)



あれ、喘息の人とかキツかったはずよね。
何時間もモクモクに晒されるの。




「当たり前」だったけどね。
「それはいいこと」とは限らないんだね。





そうなってくると
「今の当たり前」があと何十年後とかには
「ありえない」になってるかもねー。



んでそれに伴い、名作を観る機会が制限されたりラジバンダリ(ダブルダッチ語)。










なに?例えばなに?




あれ?



「犯人を追い詰めるのは崖の上」とか?





なんかこう「崖の上委員会」みたいなのが立ち上がって
観光名所の「〇〇岬」とかが名を連ねてて。





「犯人を追い詰める場所というイメージが観光名所としての印象を悪くしてる」とかなんとか。








船越ピンチ。ピンチ船越。






どうする船越。

(ちなみに崖の上委員会推奨作品はもちろんポニョ。)





「そもそも何であれ崖の上なん?」

という議論が世間で巻き起こる。


「危ないよね」「普通そんなとこに行かない」などなど
船越圧倒的不利。圧倒的不利船越。





というわけで配信制限サスペンス。





「崖の上」の代わりになる場所を模索する日々。



ビルの屋上とか。


トンネルとか。




向かいのホーム、路地裏の窓。


こんなとこにいるはずもないのに。(犯人が)


願いがもしも叶うなら 今すぐ崖の上へ

解けない謎はもうなにもない

すべてかけて捕まえてみせるよ〜ぉぉぉ





すみません、途中から山崎まさよしをアレしました。
ここは、オマージュってことでひとつ。





何年後、何十年後かに「当たり前」が「ダメ」になるかもね。
でもそれはもうわかんないしね。









クマのぬいぐるみを寝かしつける1才児。




いやもう寝る時間過ぎてるから。
まずお前が寝なさい。









って言ったら

「お前って言ったらダメなんだよ〜」
って長女に言われた。



時と場合と相手によるでしょ。



子が親に向かってはダメだけど。







とかいいつつ何年後かには
「お前という呼び方は威圧的」とかなってダメになってるかもしれん。



名台詞から「お前」が消えるかもしれん。





「ユーはすでに死んでいる」


「がんばれカカロット、ユーがナンバーワンだ」



「やれるさチョッパー、ユーはこんなに優しいじゃねぇか」









日本ジャニー喜多川化計画発動。








ルー大柴って自分のこと「ビック柴」とか言わないのかな↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村








ロックンロールが鳴ってるよ。







《スポンサーリンク》




スポンサーリンク