やぁ、ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋だよ。





コンビニの袋にはためらいなく3円払う派。


いやだって手で持つ労力考えたら全然払うでしょ。
いつ払うの?今でしょ!(言いたかっただけ)





息子1号(3歳)と息子2号(1歳)の面談行ってきましたよ的な話。


そして衝撃の事実発覚。




《スポンサーリンク》






息子1号(3歳)、男の子の中でリーダー的存在なんだって。
なんかみんなを引っ張ってるって。
足を。ではなく、牽引ね。牽引のほうね。






え?息子、まさかの陽キャ?
いや別に家では陰キャな面とか無いけどさ。

それはまぁ家だからかなぁとか。




なんだろ?「子どもが陽キャ」っていう前提が自分の中に無かったことに気付かされた。


自分は完全に陰キャ側だったからかな。
クラスのカースト的に。

イケてない方っていうの?部活もやってないし。
マンガとか読んでる帰宅部な層。自分はね。





家族に、しかも自分が血を分けた家族に、陽キャがいる。







え、どうしよう。




なんかなんとなく「家族だから属性は似たようなもん」という自分の「思い込み」に気付かされた。

一応自分の中で「子どもは自分とは別の人格を持った人間。自分の下とか支配下とかではない。敬意を持って接する」っていうのは意識するようにしてたけども。




なんとなく「子どもだから自分と似たもの」という「思い込み」があったんだということに気付かされたわ。


家では特撮ばっかり観るし。
おもちゃの怪獣同士を戦わせてるし。



なんとなくオタク感を感じてたから。
似たようなもんかと。














陽キャか




どうしよう。



仕事終わりにみんなでカラオケとかバスケとか誘われるんかな。
プリクラとか必須でしょ?みたいな感じかな。つら。こわ。



家で陰キャなの私だけ説。



どうしよう子ども大きくなって毎週末BBQのイベント入れられたら。つら。こわ。
夜更かししながら録画したお笑い向上委員会とか千鳥の相席食堂とかアニメとか観たいのに。






陽キャのナチュラルプレッシャーこわい。
悪気はないあの。「当然だよね」のテンションで来るあの。

ゲームを買う時は「みんなでやるもの」という前提で選ぶあの。


「休日は家にいます」と言うと「家にいる=ヒマ。予定なし。やることなし」の謎公式が完成して遊びの予定を入れてこようとするあの。

ゲームしたりマンガ読んだりの優先順位が高いとはカス程も思わないあの。


陽キャのナチュラルプレッシャー。







家族内にいる。。。。


どうしよう。


呉屋家は「爆弾」を抱えてしまったかも知れない。



陽キャパワーが炸裂し続けるかも知れない。これから大きくなってくと。
ナチュラルに。


こわ。




クラスだといくらでも避けようあるけど
家族にいるとなると「戦い」は避けられない。

ほぼ絶対的に所属するコミュニティだからな。




父は陽キャのナチュラルプレッシャーに断固として戦っていく所存。
「ゲームやマンガしかやることないなら予定入れてもいいっしょ」には徹底抗戦していく。


お前らの「BBQ」や「ビーチパーティー」と同等で在ることを知れ。





絶対部活やるよね息子。

いや運動神経いいからいいんだけど。




コミュ力上がるんだろうなー。




どうしようバレンタインとか。「ママに何プレゼントするの?旅行?」とか絶対アウトドア前提な質問されたら。
「頼む。放って置いてくれ」って言うかも知れない。マジマジのマジトーンで。



インドアでもいいだろうが。



てなわけで。


息子1号が陽キャ説。



どうしよう。息子2号(1歳)はジャイアンっぽいんだよな。
自己主張激しい上に超ワガママ。欲しいオモチャは取りに行くし人見知りもあんまりしない。兄を超叩く。キャッキャしながら。そして親に怒られて超泣く。けどまたやる。ジャイアン気質。








陽キャとジャイアン。


地獄。控えめに言って地獄。







家での安らぎは絶対に死守していく。


陽キャとジャイアン。




負けないぞ!!
「ビーチパーティー」を「アニメの一気観」で断るぞ!!!








「マシュマロは冷蔵庫に入れても全然冷えない」ってのが今日の学び↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





ロックンロールが鳴ってるよ。





《スポンサーリンク》


スポンサーリンク