やぁ、ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋だよ。




あなたは、親に「あんたの恋人、ブスだね」って言われたことある?



おれはある。母親に。中学の時。



《スポンサーリンク》






多感な時期になんつーこと言うんだマイマザー。



もちろんブチ切れたよ。






でもまぁ、実は自分も、当時の恋人に対する第一印象はマイマザーと同じだったんだけどね。(だから人生は何が起こるかわかんないですよね。)




でも、言う?普通言う?
そう思ったとしても。




いや確かにあんたは美人だよマイマザー。


だからってそんな事言っていいことにはならないしいいいいい。








そう。

でも、そんなマイマザーの息子が私。
イッツミー。




嫁様に言わせると、そんなマイマザーの血をバッチリ引いてるらしい。





なんか最近、子どもと話してて、よく出てくる異性の子がいるのよ。


その子を見て、嫁様とも話ししたりするんだけどさ。


「あんたは容姿にとかにこだわってるよね」って言われた。




ぎく。




確かに。
まぁ、その子の容姿とか気になるかも。



個人的に「え゛?」って感じる容姿とかだと
めっちゃ子どもに質問するかも。





「どんなところが好きなの?」つって。






母親と変わらんね。
遺伝子に組み込まれたシステム通りに稼働しとるわ。



マイマザーの息子はイッツミーだわ。





もちろん最終的に選ぶのは子どもよ?
そらそうよ。



いくら親が気に入ろうが気に入らまいが
「一緒にいるかどうか」を決めるのは子ども自身。
その選択は尊重する。





だけどやっぱり「気にいるかどうか」だって親自身が決めることよね。



子どもに「子どもの自分が選んだ人だから認めてよ」言われてもねぇ。


そこは私が判断するわ。自分で。




え?どう?気にならん?


連れてきた恋人が
「え、生理的に無理」と思ったらどう?きつくない?


ワタシハキツイ。






3人くらい連れてきたらどうしよう。

「こちら恋人たち。みんないい人だよ」つって。



その時は
「複数人と付き合うなんて普通。1人しかダメとか古い」みたいな若者の風潮で。





でもあり得るよねー。





いつだって「最近の若者は」と「まじ老害」のせめぎ合いだもの。









ランチパックをトーストしてみたらめっちゃ美味しかった件↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






ロックンロールが鳴ってるよ。




《スポンサーリンク》

スポンサーリンク