こんばんは

ザ・電撃パンクゾンビーズ

呉屋です。

さて。

家族や

親との関係性について書いてみる。

うーん。

私は

三兄弟の真ん中。

年齢確認されたりする32才。帰宅部タイプ。

上は二つ上。穏やか系ヤンキータイプ。

下は二つ下。部活生目立つタイプ。

バラバラなタイプ。

小さい頃はよく一緒にゲームしたり遊んだり

同じマンガ読んだりしてた。

でも中学生ぐらいから

全然しゃべらなくなった。

そしてそれは今も続いてる。

なんでだろ。

嫁様を通してコミュニケーション取る。

なんでだろ。

なんか「変なー」というヤツだなー。

なんだろーなー。

たぶん3人とも

「この中ではおれが一番すごい」と

思ってる気がする。

おれは思ってる。

「負けねー」みたいな。

興味が無いわけじゃない。

でもなんかコミュニケーション取れない(笑)

親ともコミュニケーションする方ではない。

正直、あんまりコミュニケーションを取る親子ではないなー。

最近は嫁と子どもが居れば親や兄弟とも飲み会するけどね。
 
 
 
 
 
 

父親は建設会社の二代目。

すごいなーとは思う。後継者。
学生時代は「沖縄出ろ」と言われてた。

「広い世界見てこい」的な。

でも部屋にいるのが好きなタイプだったので

「イヤだ」と言っていた。

それがあったからコミュニケーション取らなくなったかもなー。

「否定される」と思ったから。

「イヤだ」という「ちゃんとした理由」が無かったから。

マンガとロックンロールとゲーム三昧だったからさ。

「そんな事してないで勉強しろ」言われてたからなー。

まぁ、心配しての事だったんだろうけどさ。

「それ以外に興味があるものがない」状態だったから。

「それでメシが食えるわけない」と言われたら

反論できなかったから避けてたかもな。

コミュニケーション取れなくなってった。

でも最近は話をする。

ザ・電撃パンクゾンビーズになってから。

マンガとロックンロールとゲームで

世界を変えることができる事がわかったから。

飯も食えるから。

「おれ、これやるんだ」って反論出来るから。

書いてて気づいた。

書いてみるもんだね。
 
 
 
 
 

お母さんともあんまりコミュニケーション取ってないなー。

中学生の時彼女が出来て

その彼女のことを

「あの娘カワイくないよ」と

オレに向かって言ったからかな。

そうかもな。

うん。

もういいか。

許そう。

本人絶対覚えてないし。

はい。

もういいや。ゆるします。

あとは部屋を勝手に掃除したりしてたからかな。

うん。

それももういいや。

ゆるします。

母「サラダのドレッシングどれ?しそ?ごま?」

私「あー、しそ」

母「ごまがいいはずよ?しそにする?」

私(聞くなや)

という感じのお母さん。

結局ごまをかけるお母さん。

だからコミュニケーションを取らなくなったかもな。

まぁいいか。

許そう。

感謝はしているよ。

兄弟に対する「負けない」や

親に「進路を否定されたこと」や

「彼女を否定されたこと」

こんな事がありますよ。

でもまぁいっか。

今やりたいことやってるし。

感謝もあるし。

彼女はオレがかわいいと思ってたらそれでいいし。

ドレッシングは一方的だけどまぁいいや。

大したことじゃない。
 
 
 
 
 

一緒に住んでたおじーやおばーは

否定したりする事はなかったかな。

あんまり。

あ、あったや。

ヴィレッジヴァンガードで働いた時

おじーに「なさけない」言われたや。

多分、大学出てまでフリーター(その後契約社員)になったからだと思う。

でもそれはあんまり引っかかる感じはないなー。

うんまぁ、それも許そう。

しあわせだ。いま。

年収2億も

ライジングサンロックフェスティバルに出るのも

兄弟に「負けねー」って感情があるのも

絡んでるなー。
 
 
 

おばーはなんか兄弟ゲンカしてる時は

ロウソクに火をつけて

ロウを兄弟にかけるという荒技で

兄弟をしつけてたけども。

その時だけは兄弟が結託して

火を消す。ふーっふーって。

まぁ、おばーとは普通にしゃべれる。

まぁなんかそんな感じ。

はい。

  
家族との関係性。

書いてみた。

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク