君はマンガを読む?

読まなくても「ワンピース」くらいは知ってるかな。

 

その中に「クロコダイル」って海賊が出て来るんだ。

「砂漠の国」の乗っ取りを企む海賊。

 

クロコダイルは
悪魔の実シリーズの「スナスナの実」を食べた
砂人間。

砂嵐を起こしたり

水分を奪って砂にしたりする。

 

超強い。

 

でもよく考えれば、能力と引き換えに手に入れた「弱点」が、「海賊」には結構致命的。

・悪魔の実を食べると泳げなくなる。

・海の上に砂はないから砂嵐が起きない。

・水分をかけられると砂になれないからダメージを受ける。
(いつもは砂になってダメージをかわす。)

これ、「海の上」での活動が前提の海賊にはキッツイよね。

 

水分なんてそこらじゅうにあるし

「強み」のはずの砂が全くない。


「海に、入れない。」

 

クロコダイルは考えた。(きっと考えたと思う)

 

海賊なのに海の上は危険すぎる場所。

だからって「何もしない」ほどドジじゃない。

 

「勝てる場所」を考えたんだ。

 

・スナスナの実の能力は最大限活きる場所は?

・どうやれば勝てる?

 

そして選んだ場所が「砂漠の国家」アラバスタ。

国家の崩壊・乗っ取りを計画し

理想は世界最大の軍事国家。

そこから海の制覇を目指す。

 

そしてルフィを何度も何度も死の淵に追いやる強敵になった。

 

今は「強み」かもしれないけど、最初は「特性」だった。

 

ゴムゴムの実を食べたルフィもそうだけど

悪魔の実を食べたからって急に「強く」なるわけじゃない。

「鍛える」という過程が絶対に必要。

 

クロコダイルなんて海賊やるには弱点ですらある。

 

でも

「自分の特性を知る」

「自分の特性が活きる場所を考える」

「自分の特性」×「活きる場所」を見つけて

 

「特性」が最大限発揮できるように

鍛えれば活躍できるんだよ。

 

 

そしてその場所から

「幸せに沿った目標」に近づけばいい。

 

 

クロコダイルも「マーケティング」をやったんだ。

きっと。

 

 

マーケティングを学ぼう

 

もし君が「進路」に迷ってるなら

マーケティングを応用しよう。

 

「なんにもない」と思ってても

「弱点しかない」と思ってても

大丈夫だから。

 

そんな時はクロコダイルを思い出して。

 

 

 

マーケティングを進路に応用するにはまず

「自分が何に幸せを感じるか」が必要だ。

 

そのためのメルマガ↓
「君のロックンロールを鳴らそう。」

 

読んでみて。

 

 

マーケティングに興味がわいたら

読んで欲しい本もたくさんあるんだ。

「わかりやすい」のはこれ。

 

 

「小さくても勝てる」って勇気が持てるのはこれ。
最初の説明は少し難解だから大雑把に捉えていい。
超面白いから。

 

 

楽しいよ。マーケティング。

 
 
 
 
 
かっこいいよ。クロコダイル。

 

 

〈スポンサーリンク〉



 

 

 

 

 

スポンサーリンク