やぁ、ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋だよ。




働くことは好きだけど
長くは働けない。

早く帰りたい。
《スポンサーリンク》

なんでしょうね。

労働時間8時間超えると「帰りたい」という気持ちが膨らんでくる。

多分どんな仕事であっても。


楽しくても。


帰巣本能が疼き出す。

脳のハトっぽいところが目を覚ます。


くるっクー。





でもおかげで
「帰りたいから、どうやったら早く終わらせられるかな」
って思考回路になる。





どうも、「早く帰りたい」で仕事の質を向上させる委員会会長です。





例えば豆腐屋で言えば

釜で豆乳が沸騰する間に片付けられるところは
片付ける。


できるだけ早く帰るために。




釜も全部早く炊き上がればいいってもんでもない。


車の渋滞と似てるとこあって
実は車間距離詰めるより
車間距離開けた方がスムーズに進むっていう。



釜も一定の間を開けた方がスムーズに終われたりする。




配達もルート考えたり
下ろし方考えて積んだり
返品を確認する作業と
品出しする作業の順番を店舗ごとに考えたり。





そうやって早く終わらせられるようにするために
「どうやったらいいかな?」って考えながら作業をする。





もちろん商品の質は落とさずにね。


そこ落としたら全然意味ない。

売り上げ落ちるし信頼なくすし。







そしたら働く場所がなくなるし。

「帰る」のができなくなる。
ずっと家にいることになる。


「帰るための出かける場所」がなくなったら意味ない。







ずっと家にいると精神衛生上あんまりよくない。

個人的にはね。

適度な働く時間は必要だ。
精神的にも。




「適度な労働」と「適度な休み」



これが「充実」には欠かせないことが
アラフォーんなってわかりました。


宝くじ当たって2億円入っても働くと思う。

人生を充実させたい。




てか「帰りたい」でもなんでも
「仕事の質を上げる」って理由になるなら
動機として素晴らしいと思うけどね。


「怠けたいから頑張る」でも。
「見返したい」とか
「あいつブッコロ」でも。


「儲けたい」でも。


なんつーか。
「お客さんのため」とかに比べて
綺麗に聞こえない理由でもさ。



ちゃんと仕事の質が上がるなら。






「やるべきことをやらない」とかでなければ。




「早く帰りたいからやるべきことやらない」だと
どこかで質が落ちてしまうからね。


「どうやったら質を落とさずに早く帰れるかな」っていう。






帰宅部ってめっちゃ社会に役立つと思う。

「早く帰りたい」が強めな人たちだから。

時折「くるっクー」って言ってたらもう最高。



早く帰るためなら空を飛ぶ工夫だってして
本当に空を飛ぶかもしれない。








本当に空を飛んだ場合。



本物のハトでないかどうかだけ確認を忘れずに。

ハトであればそっと空に帰してあげて。





こないだの「R−1ぐらんぷり」で敗者復活にいた
ちゅうえいのガンダムを真似する2歳児。

優勝。





帰宅 イズ ビューティフル。






ロックンロールが鳴ってるよ。

 

 

 

爆音で鳴ってる。

 

 

《スポンサーリンク》

 

 

 

LINE@も始めたよ。

無料だよ。

ほぼ何も届かないけど、メッセージくれれば返信くらいは出来るよ。たぶん。たぶんね。

 

友だち追加

 

 

有料記事

 

スポンサーリンク