やぁ、ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋だよう(武丸風に)。







なんか「服を買いに行く服がない」的な人っているじゃない?




「おしゃれに興味があるけど一歩踏み出せない」とか
「それなりに見える格好をしたい」的な人々。





「服を買いに行きたい」けど
その服を買うところは当然おしゃれな場所にあるので
そこに来て行く服がないっていうジレンマね。



《スポンサーリンク》


これちょっと考えたんですけども。



この層って結構いると思ってて。



ファッションに興味ないでしょ?と思われてる人の中にも
結構いる気がしてて。






そう。いわゆるオタクとか。




おしゃれに無関心なわけじゃないと思う。




むしろ「変身願望」は強い気がする。
コスプレとかさ。



そしてそれって多分「ファッション」と相性がいいと思う。




髪を似合うように切ってもらったら
すごく変わるしね。


んで服もコーディネートしたら全然違うと思う。


そういうの好きだと思うんだよ。





でも「服を買いに行く服」もないし


なにより
お金をファッションに払う順番はずううううっと後の方だ。彼らは。



それよりも色々欲しいものがある。


でもお金は無尽蔵ではない。





当然、選択をする。


そしてその選択の中に「ファッション」は入らない。




っていうだけ。


「興味がないわけ」じゃない。


きっと「変身願望」と「ファッション」の相性はいい。









考えたんだけどさ。



「服を買いに行く服がない」っつっても
「外出しない」ではない。



めっちゃ外出する。



めっちゃ外出するし



めちゃくちゃ集まる場所がある。









そう。コミケとか。




死ぬほど集まるじゃんね。






そこで服とか「変われる商品」を売ったらいいと思うんだ。




「服を買いに行く服がない」もなにも
めっちゃいる場所で売るの。





したら「服を買いに行く服がない」問題も解決。



「おしゃれな格好じゃなくていい場所で売る」っていう。






大事な問題が
ひとつ残ってるけどね。



ファッションにお金を払う順番はずっうううううっと後っていう。




むしろコミケとか
「欲しいものありすぎる場所」でしょうに。




そんなとこで限られたパイを
ファッションが奪うのは不可能に近い。





「これ買うと資金繰り色々やばいな。
でもとりあえず買ってから考えよう。」

みたいなクレイジーな思考回路な人もたくさんいると思う。



そこで「ファッション」に払ってもらうのは
きつい。




てことで逆に「買える選択肢を増やす」ってのを
してはどうだろう。




彼らの財布の中身を「奪う」んでなくて
「増やす」方向で。









どうやって?




そうだな例えば
彼らの持ってる「資産」の「価値」をうまいこと取り出して
必要な人に届けて、対価を得るっていう。







「彼らの持つ資産」って?





きっと彼らは好きな作品がある。
たくさんある。


それについての感想もある。



それをヒアリングやアンケートで聞き出して
作品へのフィードバックになりうるカタチにする。




例えば「A4アンケート」で作品について聞く。



・この商品を買う前にどんなことで悩んでましたか?
・何でこの商品を知りましたか?
・商品を知ってすぐに購入しましたか?
・数ある商品の中で何が決め手となってこの商品を購入しましたか?
・実際に購入してみていかがですか?




アニメとか漫画とかって
お悩み解決系の商品じゃないからちょっと相性悪いね。

まぁそこらへんはカスタマイズだ。





んでフィードバックにできるカタチにして
作家さんとかに売る。


売ったお金で彼らに
利益の中からいくらか払う。



彼らはおしゃれになるし
財布の中身も増える。


いいことだらけだね。



そしたら、彼らが
「このブースに使う時間」をくれるかもしれない。




仮に作家さんや製作サイドに売れなかったら
「売れる漫画アニメ」の「好かれるポイント」とか
「嫌われるポイント」とか抽出して


コンテンツにして売ってもいい。




そのコンテンツを元に
どっかの製作できる人集めて
アニメや漫画作ってもいいしね。






そうなってくるとファッションとか
アパレルではなくなってくるね。




でもまぁ、より素晴らしい作品を作ってさ
彼らの人生をより豊かにできるよ。





「よりおもしろい作品を観る時間」も
「自分がおしゃれになる経験」も提供できる。




ブースとかに髪も切るところも用意してさ。

撮影しつつ
ビフォーアフターやって。


それを宣伝に使ってもいいし。



髪切る間は時間あるから
その間にフィードバック材料聞き出してさ。



彼らはコミュニケーション苦手な人が多いとは思うけど
好きなものなら絶対に話す。



絶対。



絶対だ。



なぜなら自分もそうだから。



人は好きなものについては話す。


その好きなものに対して
敬意を払って聞けば絶対話す。





「アニメのなにがおもしろいの?」(ニヤニヤ)
みたいな蔑視が入ってなければ。



敬いながら聞いてくれれば
絶対話すよ。






っていう。









そんな感じでーす。


















ロックンロールが鳴ってるよ。

 

 

爆音で鳴ってる。

 

 

《スポンサーリンク》

 

 

 

LINE@も始めたよ。

無料だよ。

ほぼ何も届かないけど、メッセージくれれば返信くらいは出来るよ。たぶん。たぶんね。

 

友だち追加

 

 

有料記事

 

スポンサーリンク