やぁ、ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋だよん。




英語を上達させる方法について考えてみた。









《スポンサーリンク》






「必要があれば覚えるのが早い」と思うんですよね。
経験的に。






ハンターハンターのキルアの暗殺技術会得のスピードが早かったのは
天性の才能もあるけど、「暗殺一家」っていう環境が大きい。





英語も同じかな。たぶん。


「しゃべりたいと思う状況」(動機)と
「しゃべらなければならない状況」(必要性)があればもっと良い。



例えば「好きな人が英語しか話せない・書けない」ならきっと
その人が何を言ってるのか知りたいから調べたりすると思うんですよ。



実際に自分もロンドンのロックバンド、リバティーンズの英語歌詞見て訳してみたりしましたし。




もし子どもたちに英語覚えさせたいなら「オンラインゲーム」で
英語圏の人とさせるのが良いかと思う。


通話しながらできるからね。





今、沖縄在住の甥っ子(9歳)は関西人とオンラインゲームでつながってるらしい。

ネイティブの「なんでやねん」にこの年から触れてる。



もし受験科目に「関西弁」が追加されたら、有利になる。




でも甥っ子はたぶんそんな事考えてない。
きっと、純粋にゲームを楽しむ相手がたまたま関西弁を喋ってただけ。



関西弁の理解は副産物だと思う。






そんな感じよねきっと。




ご飯よりも優先してしまうくらい熱心なことを
英語圏の同じことやってる人と共有したりするといいと思う。





今、YouTubeではアジア系の人が特撮ヒーローのパロディっぽいのをやってる動画とかある。仮面ライダーとかね。クオリティは低い。


でもきっと「好きなんだろうな」ってのは伝わってくる。




その人たちと「好きなキャラは誰か」「一番強い必殺技は何か」とか
コミュニケーション取れば、コミュニケーション量も増えて、必然的に質も上がっていくと思うんだよね。うちの息子たちも。





スカイダイビングが好きな介護タクシー運転手とかは
外国のスカイダイビングアカウントの人にコメントしてみるとか。




英語がうまくなる方法、たくさんあるよね。







「This video has been deleted」
意味→絶望。





近所の美味しいカレー屋さん。ネパール人っぽい。
美味しい。店員さんは呼んでも座ってて来ない時あるけど。









押して!ナンでもいいから押して!(うまい)↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村









ロックンロールが鳴ってるよ。




《スポンサーリンク》

スポンサーリンク