こんばんは

ザ・電撃パンクソンビーズ
〜シビれるロケンローマーケティング野郎〜
不死身の「売れる仕組み」ナビゲーター

呉屋です。

今日はスタジオ行って来ました。

  
やっぱりいいねー。

スタジオで集まって音出して

頭のなかだけにあった曲が

具現化してくのは

楽しいねぇ。

ギターもドカーンだし

ドラムもドカーンだし

ベースもドカーンだし。

歌ヘタでも楽しいねぇ。

中学生でも出来るカンタンな曲。

技術的には難しくない。

全然。

技術的には両手を使ってイッパイイッパイって曲じゃない。

片手くらいの技術。

「例え」ね。実際は両手を使いますけど。

中学生でも出来るようなカンタンな曲。

でも

だからこそ。

余った片手に何を「乗せる」かってこと。

「何をやるか」じゃない。

「どうやるか」だ。

そこに「ロックンロール」は宿る。

「ロックンロール」が宿れば

かっこよくなる。

「お茶汲みだから」とか

「ごみ拾いだから」とか

「営業だから」とか

「研究開発だから」とか

「経営者だから」とか

「従業員だから」とか

それで決まるんじゃない。

それは、それ。

それを「どうやるか」で

「ロックンロール」は宿る。

かっこよくなるか、決まる。

私は若い。

苦手なこともたくさんある。

知らない人と喋るのがニガテ。

失敗もたくさんする。

だけど

「かっこよく」は出来る。

と思う。

それを「どうやるか」。

だと思うから。

そこは意識してたいな。

たとえカッコ悪く写ってても。

自分はかっこいいと思えるように。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マーケティング・経営ランキングへ

スポンサーリンク