やぁ、ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋だよ。




小学校の文集に「漫才師になりたい」って書いたよ。
今は豆腐屋さんで働いてるよ。




《スポンサーリンク》

さて。




世はお笑いブーム。


第7世代と言われる人が活躍中。



渡辺直美とかは海外でも高い評価だ。




「芸人さんになりたい」って人も多い筈。





でもそれを進路相談で言おうものなら
親や教師からほぼ反対の意見が出る。



例えば中学の進路相談で言ったなら
「お笑い芸人?うーん。。。まずは勉強して
選択肢を広げてから決めてもいいんじゃない?」

とか

「あれは一握りの人がしか成功しない」

とか


そういう意見が来る。



「どうやって食べていくの?」とか。




でもどの意見も納得しないよね。



おれは全然しない。




やってみなきゃわからないし


何より親や先生はお笑い芸人を
やったことがない。





「とにかく今は勉強しなさい」みたいな提案しかしてこない。





全然納得できん。



できんよね。




おれは出来なかった。



でもうまく反論する答えもなかったし
全てを捨てて出て行くほどのクレイジーさもなかった。



だからなんとなく勉強してたけどね。






でも納得は全然してなかった。









同じような人いるかな。




もしいたら


そんなあなたには
「お笑い芸人のオンラインサロン」に入ることを勧める。


月額千円とか数千円くらいで入れる。







そこで直接、お笑い芸人さんに質問したらいい。


「あなたが今、中学生になったら何をしますか」って。




ちなみにツイッターとかで聞いてもダメだ。



あれは有象無象が多すぎる。


スルーされるし
真面目に答えてくれない。



答える気にならない。






何より人の時間をもらうなら
対価を払って聞いたほうがいい。



ちゃんと答えてくれるよ。







自分は質問してみたよ。


35歳になってからだったけど。



お笑い芸人のオンラインサロンで。





そしたら誰よりも納得する答えをくれた。



やっぱりやってる人からの答えは
すごく納得する。




ちなみにオンラインサロン内の情報は
外に漏らさないことになってるから
ここでは言えないけどね。





まぁ、お笑いだけじゃなくても。



やってみたい職業とかあるなら
そういった職業のオンラインサロンに入って質問することを
勧める。



学校の先生や親が生きてきた人生からでは
納得する答えってたぶんあんまりでない。


「先生になりたい」って人ならいいと思う。


やってる人からの意見だから。





自分も子どもたちから進路相談された時は
「やってる人に聞いてみたらいい」っていう。



ちゃんと対価払ってね。







「なにやったらいいかわからない」
って人は
何かをやってる人がたくさんいるオンラインサロンで
相談したらいいよ。


自分は来月ホリエモンのオンラインサロン覗いてみようと思う。



もしかしたらそこでもいいかもしれないし。









進路相談や就職活動する時にはさ。



実際にやってる人に直接
「あなたが今、私と同じ年齢・立場なら何するか」
って聞くと、納得しやすいしめっちゃ参考になるよ。









そんな感じでーす。





どの未来を選ぶ?




未来はどれも「同じ」じゃなくて


選んだほうに向かうよ。



















ロックンロールが鳴ってるよ。

 

 

爆音で鳴ってる。

 

 

《スポンサーリンク》

 

 

 

LINE@も始めたよ。

無料だよ。

ほぼ何も届かないけど、メッセージくれれば返信くらいは出来るよ。たぶん。たぶんね。

 

友だち追加

 

 

有料記事

 

スポンサーリンク