やぁ、ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋だよ。


今日は「ヴィレッジ・ヴァンガードで働いてみた感想」を書くよ。






前に「商工会での採用試験に受かった方法」とか
「働いてみての感想」とか書いた記事が読まれてたから。

これね。



「採用された方法」とか
「実際に働いてみて」的な記事は需要高いらしい。




まぁ気になるもんね。


志望者は特に。



「そういえばこういう系は
ヴィレヴァンでも書けるなー」と思ったので書く。








書くよ。





ヴィレヴァンで働きたい人たくさんいるだろうから。



モラトリアムの受け皿
遊べる本屋ヴィレッジヴァンガード。






早速、レッツゴー!!!










仕事内容

・店内整理
・納品された商品の検品
・検品した商品を店内にディスプレイ
・発注・返品
・接客
・ラッピング
・POPを書く




基本的にはこれだ。


【店内整理】
店内を掃除したり
ごちゃついてる商品を並べたりする。

んで無くなってる商品を補充したりする。




お客さんが見やすいように
店内を整理整頓するんだ。



店内整理してる時に
商品の開けられた残骸とかを見つけて万引きを知り
万引き犯に殺意が芽生えたりもする。







【納品された商品の検品】
発注した商品の種類や数は合ってるかどうかをチェックする作業。
異常があれば業者に連絡。




検品の数が多ければ多いほど
この後、店内のどこに置こうか悩む。


クリスマス前とかは
「うちこんなに広いスペースあるんですかね?
増設でもしなきゃ辻褄合いませんぜ」ってなる。
検品中に。仕入れが多すぎて。





【検品した商品を店内にディスプレイする】
これはさっき検品したやつを店内に並べる作業。



でもここは
ただ並べるだけじゃない。





なんつうか。

「店内を編集する」って感じ。


ヴィレヴァンは「本屋」だけど
「あいうえお順」とかでは並べないんだ。

「つながり」で物や本を置く。



小説「かもめのジョナサン」の横に
甲本ヒロトの詩集を置いたりする。
(十四才って曲とジョナサンは「つながり」がある)


そんな感じでコーナーを「編集する」んだ。




「一人暮らしの大学生の部屋」とかいうテーマのコーナーだったり。
そこにはポスターやお香やカメラなんかを置いてみたり。
バイクの本を置いてみたり。
工具を置いてみたりね。




うちが働いてたとこは店長がクレイジーで
「童貞コーナー」ってのがあった。

モテ術の本だったり
大槻ケンヂの「グミチョコレートパイン」だったり
加藤鷹の本だったり。


そんな感じ。


テーマをもとにコーナーを編集するんだ。


ここらへんはちょっとセンスが問われる。


「こだわりたいけど
伝わらないと意味ないし
そして売れないとなぁ」みたいな。



超とんがったコーナーは
店のコンセプト的に置いておいて
売り上げは期待せずに色を出すために作ったり。


売り上げを狙うコーナーはちゃんと
売り上げ狙いで作ったりする。
「バースデーコーナー」とか。

誕プレ目的の客多かったし。




そんな感じで店内を作ってく。
楽しいよ。






【発注・返品】
これは欲しい商品だったり
売れそうな商品を発注したりする。

自分はトイカメラとか担当してたな。
担当してたコーナーとかから売れると嬉しい。





【接客】
レジ打ちとか。商品について聞かれたら説明とか。


はっきり言って接客は苦手な従業員多い。


髪の毛鮮やかに染まってたり
ピアス開きまくったりする人多いしね。
従業員。



そう。服装や髪型は自由だからね。
タトゥーとかも入ってる人全然いるし。
臭くなければいい。




そんな感じの社会不適合感
満載の従業員たち。



だからヴィレヴァンで働くことに惹かれるんよね。



社会不適合感満載なので
接客は苦手な従業員多し。


まぁなんかごまかしごまかしやってたな。自分は。
ハキハキはしゃべれなかった。
それでもなんとかやってたわ。





【ラッピング】
誕プレとかクリプレとか多いからさ。
特にクリスマス前は鬼のようにやる。

ラッピング鬼になる。


角が生える。



不器用な自分でもできたから
誰でもなんとかできるようになる。
きっと。
慣れよ慣れ。





【POPを書く】
ヴィレヴァンの特色の一つ。POP。

あれはコンセプトPOPだったり
買ってもらうためだったり
商品の説明だったり
ウケ狙いだったりする。




まぁ販促なんだけどね。総じて。



その商品そのものが売れなくても
店のファンになってくれたりする。



例えば
体重計に「処刑台」とか書いて貼ったり。
ケラケラ笑いながら買ってってくれる。


天狗のお面に
「全国握りやすさ選手権3位。(1位はドアノブ)」
とか書いたり。

これは「まず触れてもらおう」と思って書いた。
結構みんな鼻握ってたよね。


POPは結構センスが大きい。




「普段何に触れてどんなことを感じてるか」
みたいなところが出る。



まぁ練習できるけどね。センスも。
量よ量。インプットとアウトプットの量。



量こなせば磨かれる。


んで「好き」なことなら
勝手に量は重なる。






商品をレジに持ってきて
ラッピング頼まれた時に
「POPも一緒に入れてもらっていいですか」
って言われたらめっちゃ嬉しい。


付加価値つけれたな。って思う。







仕事内容はこんな感じ。


「店内をどんなテーマにするか」みたいな感じかな。
独りよがりにならずに
ちゃんと伝わるように。




採用方法と対策


採用の入り口は全員バイトから。

正社員になるにもバイトからなるしかない。
ホームページ見た。今も変わらずだった。


だからバイト募集してる店舗探して
面接に行くしかない。

バイト志望も正社員志望も。



面接の対策は自分はほぼしなかった。


とりあえず草履でなく靴は履いた。
でもジーパンでいった。

まぁ清潔感が大事かな。


あとは「正社員になりたいです」って伝えた。
まぁなりたかったしね。




あとはもう店長とか面接してくれる人との相性だからね。
ここは。




ちなみに自分が働いてたとこは
履歴書の「健康状態」のところに
「元気!」って書いてた大学生受かってたよ。


普通「良好」とかなのに。
「元気!」って。


面白がって店長も採ってたけども。



まぁ相性よね。



グッドラック。






働いてみた感想

まぁ仕事自体は楽しかったよ。好きだったし。
あってたとは思う。



人もなんか良かったしね。



ただ勤務時間が長い。
あと休み少ない。

自分は月に6日くらいだったかな。休みは。


まぁ今、働き方改革とは言ってるけど
たぶんそんな変わらないと思う。
テナントとかに入ってるところだと特に。

開店時間は変わらないし。





休みないのは不満だったなー。
もっと休みは欲しかった。
自分はね。


正月とかクリスマスとか休みない。
イベントは全部出勤。

そこは頭に入れておいたほうがいいかな。



給料・給与・勤務地

はい。各地の最低賃金です。



バイトも契約社員も。

交通費はほぼない。


自分は手取り12万円くらいだった。
契約社員になったとき。
少ないよねぇ。
休み6日くらいなのに。




正社員は年収400万円くらい。
でも勤務時間は結構長いよ。


「好きだから続く」って感じかなーと。


給与目当てなら本当に「やめとけ」って感じ。






転勤も多いからね。


全国津々浦々。北海道から沖縄まで。

何年かに1回は絶対転勤ある。


定住は望めないかなー。
そんな感じ。

退職した理由

自分はその時の彼女(今の嫁)が
公務員試験受かって地元に長らくいることが決定したのが大きかった。


「公務員の彼女を辞めさせてまで続けるか」っていう天秤で
「退職」を選んだよ。


公務員辞めさせても補って余るほど稼げるかっていうと
自信なかったし。



全国への転勤が絶対にあったから
続けるなら彼女に辞めてもらわなきゃいけない時来るし。




てなわけで退職した。


職場に不満というよりは
プライベートとの天秤で辞めた。


転職がなくて
地元希望が通るんだったら
続けてたかもしれない。


そんな感じ。






どう?役に立ったかな?


参考になった?




《スポンサーリンク》






今、ヴィレヴァンで働いてたら
ここらへんを、平積みにする。




んでブログ書くコーナー作る。


ヴィレヴァン好きなお客さんたち
社会不適合ーズに向けて。






















ロックンロールが鳴ってるよ。

 

 

爆音で鳴ってる。

 

 

《スポンサーリンク》

 

 

 

LINE@も始めたよ。

無料だよ。

ほぼ何も届かないけど、メッセージくれれば返信くらいは出来るよ。たぶん。たぶんね。

 

友だち追加

 

 

有料記事

 

スポンサーリンク