どうも

ザ・電撃パンクゾンビーズ 呉屋です。

 

 

 

 

こないだ製造業からの相談で
(コンサルもしてますよ。ちゃんと。)

 

「商品を小売店に営業に行ったんだけど
扱ってもらえなかった」というのがあって。

 

 

製品自体は「良い物」なんですよ。

値段と内容とのズレもなく。

 

でもことごとく断られてたんですって。

 

よくよく話を聞いてみると

「とてもよく似た同じような商品をすでに扱ってた」とのこと。

 

 

 

 

 

うん。そりゃ断られる。

 

小売店側に「新規で扱う理由」がないもの。

 

商品は良い物だけども。

 

 

小売店さんはすでに同じポジションの商品を扱ってる。

わざわざ新規に取引するメリットがあんまない。

今扱ってるモノでいいわけで。

 

 

まぁ

「商品開発したり

新商品売り出す時には

ライバルの調査はしようね」って話なんだけども。

もし同じような商品を売り先がすでに持ってた場合

売れる可能性はグッと低くなるから。

 

 

 

 

 

ただ今の時代は少し違うところもあって。

 

 

実は

同じポジションの商品でも

売れ方は違うかもしれない。

それは売ってみないとわからない。

 

 

 

全く同じ商品ではないから。

 

 

微妙なニュアンスだったり

カタチや機能・デザインだったり。

 

違う。

 

 

例えば

今連絡の主流になりつつあるLINE。

あれはメールとほぼ同ポジション。

 

メールには

「メールが開かれました」って既読機能もあるし

メーリングリストを使えばグループでのやり取りもできる。

 

でも今みんなLINEを使う。

 

機能的には同ポジションだけど

LINEの方が便利。

 

これ、メールとLINEを小売店が売ってるとして。

先にメールがあってメールが売れてたら

わざわざLINEと新規取引しないと思うんですよ。

 

「メールでいいじゃん」って。

 

でも現実はLINEの方を使うわけですよね。

 

「同じポジションのモノだけど売ってみないとわからない」ってあるわけで。

 

 

今の時代はネットで売れる。

個人でも低コストで売る場所は作れる。

あとは商品力とか売り方、切り口の見せ方の問題で。

 

 

だから

「とりあえず売ってみる」ってのができる。

 

なんならメルカリとかのフリマアプリでもいい。

すぐ売れる場所はある。

 

 

売り方がたくさんあるんだ。

「小売店や卸売りに扱ってもらわなきゃダメ」じゃなく

自分で売ることができるようになったので

いくらでも直接お客さんとつながれる。

 

 

自分ですぐに試せる。

トライアンドエラーのコストが下がってる。

 

 

こうやって文章を読んでもらうコストだって下がってる。

 

 

だから「とにかくやってみる」は大事だなと。

 

 

まぁライバル調査は大事ですがね。

 

そして「とにかくやってみる」にしても

 

「他の商品と何が違うのか」は

自分で知っとかないとダメですがね。

 

 

 

スクリーンショット 2017-08-01 23.17.41

同じように見えるビールも

味やデザインやコンセプトが違う。

 

 

 

 

 

ロックンロールが鳴ってるよ。

 

 

 

 

 

 

今日のオススメ本

小説風で分かりやすく

「戦い方」がわかります。

「革命の旗」を上げるなら

「戦い方」を知ろう。

 

 

〈スポンサーリンク〉

有料記事

〈スポンサーリンク〉

最近一番読まれてる記事 

沖縄の貧困、それは「ゆいまーるの精神」。「人間関係」からくる。「関係性」を大事にしてはいけない。

なぜ沖縄の公務員は優秀な人から潰れていくのか?〜過労のシステム〜

圧倒的商品力で売れてる宇那志豆腐店で1年間現場で働いてみて、ザ・電撃パンクゾンビーズが考えてること。

「皆勤賞」は絶対廃止した方がいい。「意味ない」どころか「害」ですらあるから。

自分に合う仕事を見つける方法を、「ハンター✖️ハンター」から考えてみる。

進路や就職先を決める時には、「給料安定してて、休みもあって定時に帰れたら、仕事じゃない時間に何をするか」を考えよう。

「学校で、イケてない」から、「イケてる」になる方法。

健常者も障害者も老若男女も、「自分の商品価値」を知っておいたほうがいい。生きる意味がわかるから。

「好きを仕事にする」時に、食べていけるようになるには。

「自分の価値を高める場所」に行ける入り口として、ブログはオススメ。せっかくだからアフィリエイトもやってみたら?

子どもが「漫画家になりたい」と言ったらどうします?「やめとけ」って言います?その前にこの本読ませてあげた方がいい。

儲からない地方イベントが、無くならない理由。イベント地獄での疲弊はこうやって続いていく。

「商工会」と「商工会会議所」と「民主商工会」の違いなんかわからないよね。全く別物。特に「民主商工会」は。

「とりあえず大学」や「とりあえず公務員」で進路や就職希望を決めると苦しくなる理由

進路の方向性を決める時に、教師の言うことを聞かなくていい理由。

ザ・電撃パンクゾンビーズの本棚

夫のちんぽが入らない

常識はずれのパンクロックマネジメント!人を雇う人は必読の本。「未来工業関連の本」

学校に行く理由・勉強をする理由は、「自分の色を知る為」でいい。人事評価の基準もそう。学校や仕事が嫌で自殺しちゃう前に読んで欲しい本。「14歳」

ライブの盛り上げ方。大事なのは、曲に行く前の「前振り」。「セミナーの盛り上げ方」でも同じ。「サンボマスターライブDVD」

誰でもカッコよくなる方法。それは「自分で決める」だけ。「リアル13巻」

売れるには目立て!目を引くカッコをするメリット。「ミッシェルガンエレファントライブDVD」

松田龍平と松本大洋とミッシェルガンエレファントの邦画。超かっこいい映画。「青い春」

子どもが「漫画家になりたい」と言ったらどうします?「やめとけ」って言います?その前にこの本読ませてあげた方がいい。「藤田和日郎 読者ハ読ムナ(笑)」

 

スポンサーリンク